現在の食生活や生活の便利さなどをみると、意識して体を動かしたり、食事の内容に気を使ったりしなければ、あっという間に肥満になってしまう、もしくは肥満予備軍になってしまいます。

健康と美容のために、是非とも解消しておきたい肥満について、腸内環境との関係を重点的に説明しています。

肥満の症状

肥満とは。。

必要以上に体に脂肪がついている状態を肥満といいます。体重よりも体脂肪率を基準に考えます。一般的には、体脂肪率が男性で25%以上、女性で30%以上なら肥満と判断されます。

肥満の種類

内臓脂肪型肥満

腹部の内臓の周囲に脂肪が貯まっている状態で、男性や中年以降の女性に多く見られ、外見的には分からない場合もあります。

主な原因は食べすぎと運動不足です。

糖尿病、高血圧、高脂血症、高尿酸血症などの生活習慣病を合併することが多いので、健康上の観点からダイエットが必要です。

皮下脂肪型肥満

BMI25以上の肥満の人で、ウエストが男性で85cm未満、女性で90cm未満の場合、皮下脂肪型肥満の可能性があります。

筋肉が少ない人は皮下脂肪肥満になりやすいのです。

病気の時など、食事で栄養をとることができないときなどにエネルギー源となります。女性の場合は、妊娠・出産時の体力維持にも活躍します。体脂肪計で計測できるのは皮下脂肪です。

肥満の原因

消費エネルギー<摂取エネルギー

人間が生きていくために必要なのが、エネルギーです。

脂肪は重要なエネルギー源のため、体が飢餓状態に陥った時に備えて蓄えておく仕組みがあります。

食事で摂った、炭水化物などの糖分も脂肪に変えて、蓄えておくことができる優れた機能が私たちには備わっています。

しかし、食事をして体内に摂り込んだ「摂取エネルギー」よりも、活動するために使っている「消費エネルギー」が少ないため、蓄えていた脂肪が使われずに蓄積されてゆくことが肥満になる原因です。

運動不足

運動不足肥満の大きな要因です。運動不足の場合、筋肉量が落ちてしまうために基礎代謝が落ち、ますます消費エネルギーが少なくなります。

また、インスリンというホルモンの働きが鈍くなり中性脂肪を合成して、蓄積する働きも高まります。ますます、体は脂肪を溜め込みやすくなるのです。

腸内細菌

腸内細菌には、善玉菌、悪玉菌、日和見菌という3つの種類があります。

肥満にならない体質の人の腸内細菌は、善玉菌が多く、「善玉菌:悪玉菌:日和見菌」が「2:1:7」という理想のバランスの腸内細菌ということがわかっています。

腸内細菌のバランスが良くなると、腸の働きがよくなって消化・吸収がスムーズに行われます。余分な栄養の吸収もなくなるので脂肪が溜まりにくい体になります。

肥満になりやすい人、太りやすい人のタイプ

肥満になりやすい人はどんな人かというと、やはり一番に挙げられるのは、日常の習慣で運動をしていない人です。

次にちゃんとした食事ができていない人です。

食事に関しては、腸内細菌のバランスも大きく影響されています。また、生活のリズムが乱れ、慢性的な睡眠不足がある人、食欲に深くかかわっているストレスを溜め込んでいる人も肥満になりやすい人といえます。

検査・診断

内臓脂肪型肥満

体脂肪率は、体内にある全ての脂肪の割合を測るものなので、内臓脂肪が多いのか、それとも皮下脂肪が多いのかを判断することができません。正確に、内臓脂肪の量を計測するためには、人間ドッグなどでCTやMRIを利用する必要があります。

BMI値が25以上で、腹囲が男性で85cm以上、女性で90cm以上の場合、内臓脂肪型肥満の可能性があります。腹囲を測るときは、おへその高さで測定します。一番くびれたところを測定するウエストのサイズとは異なります。

BMI計算式=体重(kg)÷{身長(m)×身長(m)}

皮下脂肪型肥満

体脂肪計で判断することができます。

治療方法

生活習慣病を合併してしまう可能性のある、内臓脂肪型肥満の場合、すぐにダイエットをすることが重要です。内臓脂肪型肥満の場合は、皮下脂肪型肥満よりも簡単に脂肪を落とすことが可能です。また、検査を受けた結果次第では、医療機関にかかる必要性があるかもしれません。

肥満の予防・ケアの方法

腸内環境を考えたダイエット

「善玉菌:悪玉菌:日和見菌」が「2:1:7」というバランスの取れた腸内細菌を目指したダイエットのために、摂っておきたい食品があります。

ヨーグルト

ビフィズス菌や乳酸菌をしっかりと摂るために、食べることを習慣にすることが大切です。できるだけ多くの種類を摂ることが効果的です。漬物や味噌。醤油などにも乳酸菌は豊富に含まれています。

一方、ビフィズス菌は人や動物の腸内に生息する腸内細菌のため、自然なままの食品には含まれていません。そのため、ビフィズス菌を添加したヨーグルトなどの食品を選ぶ必要があります。ヨーグルトを食べる時、ビフィズス菌のエサとなり、ビフィズス菌の働きを助ける役目があるオリゴ糖をかけて食べると効果的です。バナナにはオリゴ糖が豊富に含まれているので、ヨーグルトとの相性がとてもよい果物です。

乳酸菌もビフィズス菌も人それぞれに相性のいいものがあります。それを見極めるためには、2週間は続けてみることが大切です。合うものを見つけたら、毎日コツコツと続けることで効果が持続します。

水溶性食物繊維

痩せ菌のエサになる成分は、オリゴ糖だけではありません。水溶性食物繊維もまた、ビフィズス菌のエサになるので積極的に食べるように心がける必要があります。また、水溶性食物繊維には、太る原因となる糖質の吸収を緩やかにする働きがあるため、体脂肪がたまりにくくなります。

水溶性食物繊維を多く含む食品…海藻類、きのこ類、ごぼう、納豆、アボカド、オクラ、モロヘイヤ、にんにく、など

肥満を解消

肥満を解消するためにできるとこは、この限りではありません。睡眠や入浴など、日常生活で私たちがおこなっているあらゆることに繋がっています。脂肪を溜め込んでしまった経験がある人は、元の生活に戻ると同じ状態になってしまいます。一時だけ、取り組むのではなく、将来的にずっと続けてゆく心構えが大切です。それが、何よりの健康法です。

肥満の解消・ダイエットに役立つ乳酸菌の選び方

不足している栄養を効果的に摂る方法

乳酸菌サプリ

乳酸菌やビフィズス菌をサプリメントで摂る。

乳酸菌サプリ

食物繊維サプリ

腸内細菌のエサになる食物繊維をサプリで補給。

食物繊維サプリ

青汁

足りない緑黄色野菜の不足を青汁で補う。

青汁

オリゴ糖

プレバイオティクスとしてオリゴ糖を使う。

オリゴ糖