忙しい日々が続いていて、少し時間ができた瞬間に、風邪を引いてしまうという経験があるのではないでしょうか?疲れがピークに達していて、身体を休ませなさいという警告のように思えます。風邪を引いて、辛い日常を過ごさなくてもいいように、上手に予防していただきたいと思います。

風邪の症状

風邪とは

感染症の一種で、正式には、風邪症候群といいます。風邪を引く原因のほとんどはウイルス感染です。鼻や喉の粘膜にウイルスが付着し繁殖すると、免疫が活発になり、その働きが組織の炎症を引き起こします。その炎症が風邪の症状です。

症状

初期段階では、鼻や喉の不快感などの呼吸器症状からはじまります。鼻の粘膜で炎症が起きると、くしゃみや鼻水、鼻づまりの症状が現れ、喉の粘膜で炎症が起きると、咳やたん、喉の痛みの症状が現れます。この症状はすべて、身体の防御反応です。さらに症状が進むと、発熱や寒気、頭痛、筋肉痛、関節痛などの全身症状にいたることもあります。

インフルエンザ

風邪症候群のひとつといわれますが、高熱、関節痛、筋肉痛などの全身症状があり、風邪とは異なり、重症化してしまうこともあり、免疫力の低い年代には注意が必要です。

風邪の原因

風邪の原因となるウイルスは200種類以上あるといわれています。くしゃみや咳によって空気中に排出されたウイルスを吸い込んで、身体に侵入することを飛沫感染といい、ウイルスのついた手指や物を介して、身体に侵入することを接触感染といいます。

 

代表的なウイルス

○ライノウイルス ○コロナウイルス ○パラインフルエンザウイルス ○RSウイルス ○インフルエンザウイルス ○アデノウイルス ○エンテロウイルス ○エコーウイルス ○コクサッキーウイルス

 

かかりやすい人のタイプ

風邪にかかりやすいのは、免疫力が低い人です。

赤ちゃんや幼少期の子供、高齢者

ウイルスなどから私たちを守ってくれる免疫細胞は、Th1細胞やNK細胞という細胞です。この免疫細胞の働きが弱くなると免疫力が低下して風邪を引きやすくなります。免疫力が最も高い年齢は20代です。その後、免疫力は年々低下していく傾向にあります。

体温が低い人

免疫細胞は体温が高いほど活性化する傾向にあります。体温が低い人は風邪が治りにくく長引く傾向があります。免疫力を上げたい場合は、身体をあたためると良いでしょう。36度より37度前後のほうが酵素の活性化が高まり、免疫細胞が活発になります。ウイルスに対抗するリンパ球も、35度では動きが鈍くなるともいわれています。

睡眠不足、食事が偏っている、ストレスが多い

多忙な毎日は、休養が足りず、たくさんのストレスにさらされがちです。外食などが続くことで食生活も乱れ、高糖分・高脂肪の食事に偏ったり、ビタミン類や食物繊維が不足したりすることにもなりかねません。こういった状況が重なると、免疫システムが低下し、風邪もひきやすくなります。

検査・診断

風邪は、検査ではなく問診、触診、聴診で診断されます。「発熱時期」「どのような症状があるか」「症状の経緯」「周囲に同じ症状の人がいないか」などを、まず問診され、次に、喉や扁桃、眼、鼻、皮膚に異常はないか、首のリンパ節に腫れはないかを確認されます。

検査

高齢の方や持病のある方は重症化する場合もあるので、特に注意しなければいけません。二次感染によって合併症を起こすリスクがあります。また、肺や心臓、腎臓などに持病がある場合は、風邪によってその持病が悪化することもあり、そういった場合は、検査をおこなうこともあります。

  • 血液検査…風邪の症状が悪化している場合、ほかの病気である可能性がある場合
  • 胸部のレントゲン検査…肺炎の疑いがある場合

インフルエンザ検査

インフルエンザの場合、鼻や喉の粘液を綿棒で取り、インフルエンザ迅速検査キットで判定する方法があります。15分程度で簡単におこなえる検査なのですが、まちがった判定が出てしまうなどの問題もあり、万能な検査というわけではありません。高熱と関節痛の症状と流行状況から、検査をせずにインフルエンザだと判断されることもあります。

 

治療方法

風邪

ウイルス感染の風邪の場合は、うがいと手洗いでウイルスを身体の外に追い出します。安静にして、身体の免疫細胞がウイルスをやっつけるのを待つという治療方法しかありません。風邪で処方される解熱鎮痛薬やたん切り、咳止めなどのお薬は、あくまでも症状を一時的に緩和するための対処療法です。また、ウイルスではなく細菌による感染の場合は、抗生剤が効果的な場合もあります。

インフルエンザ

ウイルスによって起こる風邪の中でも、インフルエンザには、特効薬があります。内服薬、吸入薬など、複数の形態があります。状況によっては、薬を使用しなくても、ゆっくりと休むことで回復します。副作用もあるので、薬の使用に際しては、しっかり説明を受ける必要があります。

予防・ケアの方法

風邪

体内にウイルスが侵入するのを防ぐには、手洗い・うがい・マスクをつける、といった対策が有効です。また、身体を冷やさないことも大切です。風邪を予防するためには、ウォーキングなどの適度な運動と休養、バランスのよい食事、ストレスの解消を心がけるのも必要です。

インフルエンザ

インフルエンザには予防接種があります。予防接種で完全に予防できるわけではありませんが、発症しにくくなります。もし発症した場合でも、重症化しにくくなるとされています。

このページのまとめ

「ただの風邪だから…」という言葉を聞いたことがあります。ただの風邪なのに、症状が長引くと本当に辛いものです。風邪を引かないのが一番ですが、引いてしまったら…。早めに対処して疲れている身体を労りましょう。何よりも休息が大切です。

風邪に役立つ乳酸菌の選び方

不足している栄養を効果的に摂る方法

乳酸菌サプリ

乳酸菌やビフィズス菌をサプリメントで摂る。

乳酸菌サプリ

食物繊維サプリ

腸内細菌のエサになる食物繊維をサプリで補給。

食物繊維サプリ

青汁

足りない緑黄色野菜の不足を青汁で補う。

青汁

オリゴ糖

プレバイオティクスとしてオリゴ糖を使う。

オリゴ糖