アレルギーの症状や原因、改善対策について

花粉が飛ぶ季節になるとマスクをしている人をたくさん見かけます。また、食物アレルギーやアトピー性皮膚炎で悩みを抱えている人も少なくありません。アレルギーは日本人にとって最も身近な病気になっているようです。アレルギーは腸内環境と密接にかかわっており、根本的に改善をするためには、腸内環境を整え、免疫力をアップさせる取り組みが必要です。アレルギーについて幅広く説明し、どのような対策をおこなえば良いかお伝えします。

アレルギー症状

アレルギーとは

私たちの体に備わっている免疫機能は、ウイルスや細菌などの異物から、体を守るために備わった防業機能です。アレルギーとは、通常は無害な“アレルゲンと呼ばれる物質”が入り込んだとき、過剰な反応を起こすことです。花粉症、喘息、アトピー性皮膚炎など体の部位によって、それぞれアレルギーの症状は異なります。

主なアレルギーの種類と症状

アトピー性皮膚炎

慢性的なアレルギーの病気で、かゆみを伴う湿疹の皮膚炎が、悪くなったり、良くなったりを繰り返します。食物やダニなどが原因となり、赤い湿疹や盛り上がった湿疹などが全身に現れます。関節部分や顔、首に症状が出やすいのが特徴で、ストレスなどで悪化させてしまうこともあります。

アレルギー性蕁麻疹

アレルギー性蕁麻疹の原因で、最もよく知られているのが食事性アレルゲンです。蕁麻疹を誘発するヒスタミンなどの物質が食物に入っていて、アレルギー反応を引き起こす場合と、食物が直接アレルギー反応を引き起こす場合の2種類があります。

〈ヒスタミンなどの蕁麻疹を誘発する物質を含む食品〉

チーズ、セロリ、ほうれん草、バナナ、チョコレート、赤ワイン、食品添加物(保存料、合成着色料、酸化防止剤などは、蕁麻疹の原因で気付きにくい)

〈体にアレルギー反応を引き起こす物質を含む食品〉

卵、魚類(サンマ、サバ、カニ、マグロ、エビ、貝類など)、肉類(牛肉、豚肉、鶏肉など)、乳製品(牛乳、チーズなど)、穀類(小麦、大豆、ソバなど)、野菜類(トマト、ジャガイモなど)、果物(リンゴ、メロンなど)

症状が似ているアレルギー性蕁麻疹とアトピー性皮膚炎

赤みを帯びたブツブツができるという症状も、関節周りにできやすいという発症箇所も、蕁麻疹とアトピー性皮膚炎は似ています。そのため区別がつきにくいことがあります。

食物アレルギー

食物を異物と判断し、体から排除しようとすることにより起こる症状です。アレルゲンとなる食物を食べると、15分から数時間で、口の周りの腫れ・発赤、喉のかゆみ・イガイガ感、皮膚のかゆみ・じんましん、咳・喘鳴(ゼイゼイ、ヒューヒューという呼吸音)・喘息、嘔気・嘔吐・下痢などの様々なアレルギー反応が生じます。

アナフィラキシー

食物アレルギーなどで重症の場合は、アナフィラキシーを起こす場合もあり大変危険です。アナフィラキシーとは、急性のアレルギー反応で、じんましん等の皮膚症状や喘息・呼吸困難等の呼吸器症状、めまい、意識障害等の神経症状、血圧低下等のショック症状が、二つ以上、起こっている場合をいいます。血圧が低下してショック症状になることを「アナフィラキシーショック」と呼び、命にも関わる深刻なショック症状です。

食物以外のアナフィラキシーの原因

  • 蜂毒…蜂毒にアレルギーがある場合、刺された人の約10~20%がアナフィラキシーを引き起こすといわれている。
  • 薬物…抗生物質、特にペニシリン系やセフェム系の薬、鎮痛剤や非ステロイド抗炎症薬、ホルモン剤、酵素製剤、造影剤などは、他の薬に比べてアレルギーを起こしやすいといわれている。
  • ラテックス…天然ゴムの主成分で、手袋や絆創膏などに含まれている。
  • 物理的な刺激…光線・寒冷・温熱・運動など。

食物アレルギーとアトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎の原因の一つに食物があります。食物アレルギーとアトピー性皮膚炎は原因や対策・治療で共通する部分が多く、同じように対処される場合があります。二つの症状を完全に区別することは困難です。

アレルギー性鼻炎(通年性)

ハウスダストやダニによるアレルギー性鼻炎の特徴は、くしゃみ、鼻水、鼻づまりが続くことです。くしゃみは発作的に起こることが多く、一度起こると何度も続けて出ます。ハウスダストのアレルギー性鼻炎は、気管支喘息やアトピー性皮膚炎を併せ持っていることもあります。

アレルギー性結膜炎(通年性)

目の表面にハウスダストなどのアレルゲンが付着して、まぶたの裏側と白目の部分を覆っている結膜に炎症を起こします。目のかゆみ、充血、異物感、目やにが出る、涙が出る、まぶたの裏にぶつぶつができる、目がゴロゴロするなどの炎症があらわれます。

花粉症(季節性)

花粉が原因の場合、アレルギー性鼻炎やアレルギー性結膜炎の症状が通年性のアレルギーとは違い、季節性アレルギーとなるため、花粉が飛ばない季節には症状はありません。その他にも、耳、のどのかゆみや、皮膚があれる、頭が重いといった症状が現れることがあります。また、鼻づまりが強く、くしゃみや鼻みずを感じない場合や、くしゃみと鼻みずが強く、鼻づまりを感じない場合もあります。

アレルギー性喘息

体の中に入ってしまったアレルゲンが原因となって発作が起こります。発作のピークは、15~30分後に来て1時間程でおさまることが多いようです。咳が長引く、呼吸をするときにゼイゼイ、ヒューヒューという音が出るなどの症状があります。喘息発作を引き起こす物質(アレルゲン)がはっきり特定されている喘息です。

アレルギーの原因

腸管免疫について

人間の体内で、免疫機能がある器官は、胸腺の他にリンパ節、扁桃腺、腸管があります。その中でも腸管には、体内に存在する抗体(体を守ってくれる物質)をつくる免疫細胞のうち60%が集まっています。この、腸で働く免疫機能のことを腸管免疫と言います。腸管免疫は、体に安全なものと、病原菌のように病原性のあるものを識別して、体を維持するために必要なものは分解、吸収します。一方、有害だと判断した外部からのウイルスや病原体は、排除するように働いて体を守っています。

アレルギー症状と腸管免疫の関係

腸管免疫はアレルギーの発症の抑制とも深く関わっています。腸内の悪玉菌の増殖などにより、腸管免疫が低下します。免疫機能が低下すると腸壁が損傷することがあます。損傷した場所からは、通常は吸収されるべきではない未消化物が血液中へ吸収されていきます。これらは栄養素として消費されることなく、体内に残る異物として免疫反応の対症となります。食物アレルギーやアトピー性皮膚炎の原因になると考えられるのです。

また、花粉症や喘息などのアレルギー疾患は、免疫機能がハウスダストや花粉など、特定のアレルゲンに対して過剰に反応することによって引き起こされるものです。

免疫機能の過剰反応

体内では免疫グロブリンGとも呼ばれるIgG抗体(体を守ってくれる物質)が多く製造されていますが、腸の粘膜で活躍するのは主にIgA抗体という抗体です。このIgA抗体が侵入してきた病原体を排除しています。

しかしアレルギーになる人は、これらの抗体のほかに、IgE抗体(免疫グロブリンE)が作り出されているといわれています。このIgE抗体は目や鼻、皮膚や腸などの粘膜にある肥満細胞と結合することで、アレルギー症状の原因物質となるヒスタミンやセロトニン、ロイコトリエンなどの化学伝達物質がまき散らされます。  これらの化学物質が粘膜に刺激を与えると、アレルゲンに過剰反応するようになります。粘膜は炎症を起こしてしまい、その結果、くしゃみや鼻水、かゆみといった症状がアレルギー反応として現れてくるのです。

肥満細胞とは

肥満とは関係なく、その姿が肥満を連想させることから肥満細胞と呼ばれています。マスト細胞ともいい、造血幹細胞で作られる細胞の一つです。血管の周りに多く、鼻粘膜や気管支など、他のさまざまな組織にも存在している。肥満細胞は、花粉症のくしゃみや喘息の呼吸困難など、アレルギー症状の原因物質となるヒスタミンやセロトニン、ロイコトリエンなどの化学伝達物質が詰まっています。そのため悪者のイメージがありますが、炎症など免疫反応を起こすことで、病原菌などから体を守る重要な役割も果たしています。

アレルギーにかかりやすい人のタイプ

アレルギーにかかりやすい人は、IgE抗体が体内で過剰生産されています。IgE抗体は、誰でも体の中にある抗体ですが、アレルギー症状のない人の体にはIgE抗体はほとんど存在しません。アレルギー症状が出やすい体質の人は、このIgE抗体をつくりやすいという特徴があり、アレルギー疾患になりやすいのです。IgE抗体は腸内でつくられるため、IgE抗体の量と腸内環境の状態には密接な関係があります。つまり、アレルギーにかからないようにするには、腸内環境を良い状態に保ちIgE抗体が多くつくられないようにすることが重要です。

検査・診断

一般的におこなわれるアレルギーの検査は、血液検査・皮膚検査・負荷試験です。その他、喘息の場合は呼吸の検査、花粉症の場合は目や鼻の検査などがおこなわれる場合もあります。

血液検査

〈検査項目〉

  • 好酸球の数…好酸球という白血球(病気と闘う細胞)の数。アレルギーの場合、好酸球の数が多い傾向がある。
  • IgE値…免疫に関わるたん白質。アレルギーの場合、このたん白質の数値が増える。
  • 特異的IgE…原因と思われるアレルギー物質に対して、陽性か陰性か判断する指数。
  • 数字は100までで、34以下ならスコア0で陰性。0.34~0.69までならスコア1で疑陽性。0.7以上ならスコア2で陽性。100近くになるとスコア6の重たいアレルギーがあると診断。
  • LDH(乳酸脱水素酵素)…皮膚や肝臓などに含まれている体内の酵素。皮膚の炎症で皮膚が破壊されると血液中に放出され、アトピー性皮膚炎の湿疹が酷いときは上昇。
  • TARC(ケモカインという蛋白質の一種)…体内で作られるタンパク質。アトピー性皮膚炎が重症になれば数値は上昇し、軽くなれば数値が減少。

皮膚検査

〈検査項目〉

  • スクラッチテスト…アレルゲンを皮膚に垂らす。針で少し引っ掻き15分後に、赤くなるか蚊にかまれたような湿疹が出れば、そのアレルゲンが原因と判断。
  • 皮内テスト…アレルゲンを皮膚内に針で注入。15分後に赤くなるか、蚊にかまれたような湿疹が出れば、そのアレルゲンが原因と判断。
  • パッチテスト…アレルゲンを皮膚に貼り付ける。その状態で48時間~72時間後に赤くなるかを判判断。

負荷試験

原因と思われるアレルギー物質を摂取して、湿疹がでるかどうかを検査します。強い症状が出ることもあるので、検査入院する場があります。

治療方法

対症療法

現在、一般的におこなわれているアレルギーの治療方法は、抗ヒスタミン薬やステロイドによる対症療法です。ステロイドは決して疾患そのものを治すわけではなく、あくまでも炎症を予防したり抑えたりするためのものです。アレルギーの原因を取り除けるわけではありません。

皮下免疫療法

「減感作療法(げんかんさりょうほう)」とも呼ばれます。皮下免疫療法は、微量のアレルゲンを反復注射して、アレルゲンに対して反応しない状態にする治療方法です。アレルゲンの回避が不可能で適切な治療でも喘息発作が起こる喘息や対処療法(薬物療法)でコントロールできないアレルギー性鼻炎、アレルゲンを除くことができないアナフィラキシーの場合などにおこなわれます。

舌下免疫療法

注射による減感作療法ではなく、アレルギー物質を含むエキスを舌の下に滴下する治療方法です。舌下免疫療法は、花粉症の完治の可能性がある治療法として注目を集めています。舌下免疫療法は、これまでおこなわれていた体内に注射する療法と比べて安全性が高いのではないかと指摘する専門家もいますが、副作用がないわけではありません。報告されている副作用は、口の痒み、合併する喘息やアトピー性皮膚炎の増悪などです。

予防・ケアの方法

一度アレルギーになってしまうと、改善はなかなか難しいとされていますが、腸管免疫の活性化によってアレルギーの症状が緩和されるケースもあるといわれています。アレルギーには現在、根本的に治すという治療方法はありません。そのため、アレルギー体質の改善を目指して“腸管免疫を活性化”し、“腸内環境を整える”ことが一番の近道となります。

腸内細菌のバランスを正常にする

腸内細菌の活動が高まるように、腸内細菌のバランスを改善することが有効です。このバランスが崩れる原因としては、食生活の乱れや過度のストレス、加齢、運動不足などが挙げられます。腸内環境を整えるには、まずは、食事の栄養バランスや毎日の睡眠、適度な運動を心がけることです。

腸内細菌を育てる

乳酸菌やビフィズス菌を含む食品を日頃から摂るようにすることで、腸内細菌を育てます。

乳酸菌

ヨーグルトや納豆や漬物などの発酵食品を食べることで乳酸菌を腸内に摂り込みます。体外から乳酸菌を摂っても腸内に定着させるのは難しいのですが、3~7日間は乳酸や酢酸をつくるので、腸内環境を酸性に保ちます。乳酸菌は小腸に働きかけます。ただ、乳酸菌の種類により、小腸の場所も異なりますので、なるべく多くの種類を摂り、小腸全体に乳酸菌がゆきわたるように心がけます。

〈乳酸菌の摂り方のコツ〉

自分に合う乳酸菌かどうかを確認するために、同じ乳酸菌を2週間続けて摂ってみます。腸の状態が改善されれば、その乳酸菌は合っているということになります。最低でも5種類ほど継続して食べるのが良いでしょう。

ビフィズス菌

ビフィズス菌は、食品に自然に含まれるものではないため、ビフィズス菌入りのヨーグルトやサプリメントなどで摂ることになります。ビフィズス菌は大腸に働きかけるので、乳酸菌と一緒に継続して摂る必要があります。

水溶性食物繊維

ビフィズス菌のエサとなる食物繊維です。 エサを与えることで、ビフィズス菌が元気に活発になります。便通改善の重要な食品でもあります。海藻類、きのこ類には多く含まれています。また、いろいろな野菜をしっかり食べることで、水溶性食物繊維に加え、ビタミンやミネラルも摂ることができるので、季節の野菜を幅広く食べることが良いでしょう。

アレルギーを腸内環境から考える

アレルギーを発症した場合、長く付き合っていかなければなりません。対処療法だけでは、精神的な安定も得られずストレスに耐える日々を送ることになります。根本的にアレルギーを改善するために、できるだけ早く腸内環境の改善に取り組む必要があります。腸内環境の改善は、正しく続ければ続けるほど、効果が出てくるものです。時間はかかりますがあきらめなければ、免疫力は向上し、病気になりにくい生き生きとした健康な生活がおくれるようになります。

アレルギーに役立つ乳酸菌の選び方

不足している栄養を効果的に摂る方法

乳酸菌サプリ

乳酸菌やビフィズス菌をサプリメントで摂る。

乳酸菌サプリ

食物繊維サプリ

腸内細菌のエサになる食物繊維をサプリで補給。

食物繊維サプリ

青汁

足りない緑黄色野菜の不足を青汁で補う。

青汁

オリゴ糖

プレバイオティクスとしてオリゴ糖を使う。

オリゴ糖

ページの先頭へ