腸が左右する身体の免疫とは?病原菌やウィルスから身体を守る免疫力

免疫とは?

病原菌やウィルスなどから身体を守るシステムが「免疫」です。

腸は、食物から栄養を吸収して排泄する役割を担っています。そして、もう一つ大きな役割が身体の免疫を調整する働きです。

免疫で中心的な働きをする免疫細胞は約60~70%が腸に集まっています。これは、口から入る食べ物や空気と一緒に病原菌が入り込んだ場合、腸で吸収してしまわないように防御する必要があるためです。

腸管免疫系

< 腸の免疫システムは「腸管免疫系」と呼ばれています。
腸の中に入ってきた物が、身体の役に立つ栄養なのか、病気になってるなど害を与えるものなのかを識別します。
身体に必要な栄養を摂るための食品や腸内環境を良くするために腸内細菌などは、身体の役に立つものです。
安全なものか、危険なものかを腸が見分けて、危険なものを排除したり殺したりする働きを腸管免疫系が行っているのです。

免疫のしくみ

腸の免疫システムは白血球に存在するマクロファージ、リンパ球、顆粒球などの「免疫細胞」や、サイトカインや抗体などの免疫物質で構成される物質です。サイトカインはリンパ球から分泌される特殊なタンパク質で、インターフェロンやインターロイキンなどの種類があります。

免疫は大きく分けると、もともと身体に備わっている「自然免疫」と、さまざまな病原菌に感染して学習していく「獲得免疫」の2種類があります。

ウィルスや病原菌が身体の中に入った場合、まずは自然免疫が働きます。
マクロファージや顆粒球、リンパ球のナチュラルキラー(NK)細胞などの免疫細胞が病原菌を食べて殺したり、排除したりします。特にナチュラルキラー(NK)細胞は、その名の通りに殺傷能力が高く、ガンの予防などにも活躍しています。

この、自然免疫で排除できなかった病原菌を退治するのが獲得免疫です。血液中に侵入した微小なウィルスや毒素分子、細胞に入った病原菌を排除する役割があります。獲得免疫はB細胞やリンパ球系のT細胞を中心にマクロファージや他の樹状細胞と共に病原菌を退治します。

マクロファージや樹状細胞はウィルスや病原菌を捕食して消化しながら、侵入した異物の情報をヘルパーT細胞に伝えます。免疫の司令塔であるヘルパーT細胞はB細胞に侵入したウィルスを退治するための抗体を作る命令をだします。B細胞は抗体を作りながら、侵入してきたウィルスの抗体を記憶します。すると次に同じウィルスが侵入したk時には一度学習しているので、すぐに抗体を作って防御ができるのです。

2段階の免疫機能

免疫細胞の約70%が腸に集中していますが、そのうちの約50%は小腸に存在しています。

小腸の内側には絨毛という小さな突起物が密集しています、絨毛には腸管上皮細胞という細胞が並んでいて、この細胞を通して食べ物の栄養が体に取り込まれます。絨毛と絨毛の間にはパイエル板という組織が分布していて、リンパ節に指令をおくるセンサーの役割をしています。病原菌が侵入した際に、このパイエル板からリンパ節に指令が送られ、ウィルスや細菌が体に侵入しないように防御します。

免疫細胞の約20%は大腸に存在します。腸内の免疫システムを管理しているのが腸内細菌で、大腸の善玉菌が小腸の免疫機能を調整していることが最近の研究で分かっています。

免疫機能は、小腸と大腸の2段階の体制で管理されているのです。

病原菌を排除する働き

病原菌やウィルスが腸の中に侵入すると、免疫細胞であるリンパ球のヘルパーT細胞やマクロファージが働きはじめます。そして、B細胞が抗体である「免疫グロブリンA」を産生します。免疫グロブリンAはタンパク質の一種で病原菌やウィルスを退治する働きをします。腸内細菌の善玉菌は、この免疫グロブリンAの産生を促進させる機能があることが分かっています。また、ヘルパーT細胞のTh1という細胞が、インターフェロンによって病原菌を退治します。このTh1の活性を促進するのが善玉菌であることも分かっています。
腸内細菌をよく保って善玉菌の働きを良くしておくことが、免疫力を高めることに繋がることが分かると思います。

抵抗力が弱まると

悪玉菌が増えてしまって腸内環境が悪くなると、腸の免疫システムが崩れて免疫力が落ちてしまいます。腸管免疫系が弱まると、病原菌が身体の中に入って増殖してしまい、感染してしまうのです。
日常的に腸内環境を整えて、免疫力を高めておくことが、インフルエンザや風邪などの感染症を予防するために大切なことです。

風邪の症状や原因、改善対策について
インフルエンザの症状や原因、改善対策について

アレルギーと免疫

腸管免疫系のバランスが崩れてしまい、反応する必要のない物まで過剰に反応してしまうのがアレルギーです。アレルギーには免疫細胞であるヘルパーT細胞が深く関わっています。ヘルパーT細胞には「Th1細胞」と「Th2細胞」があって、2つはシーソーのようなバランスを保っています。どちらから優勢になると片方が抑えられるのです。Th1細胞が抑えられて、Th2細胞が過剰に活性するとアレルギーが発症してしまいます。逆に、Th1細胞が活性してTh2細胞が抑えられると、アレルギーが抑えられることになります。

アレルギーの症状や原因、改善対策
花粉症の症状や原因、改善対策

不足している栄養を効果的に摂る方法

乳酸菌サプリ

乳酸菌やビフィズス菌をサプリメントで摂る。

乳酸菌サプリ

食物繊維サプリ

腸内細菌のエサになる食物繊維をサプリで補給。

食物繊維サプリ

青汁

足りない緑黄色野菜の不足を青汁で補う。

青汁

オリゴ糖

プレバイオティクスとしてオリゴ糖を使う。

オリゴ糖

ページの先頭へ