ピロリ菌の症状や原因、改善対策について

なんとなく続く胃の不調は、手っ取り早く、市販の薬などで対処してしまいがちです。

もしかしたら“ピロリ菌”に感染しているかも?と不安を感じている方に、ピロリ菌の感染症とはどのようなものか、治療がどのようにおこなわれるのかを知っていただきたいと思います。

そして、検査に向けての一歩を踏み出していただければ嬉しいです。

ピロリ菌感染症とは

ピロリ菌に感染していることで、慢性胃炎、胃潰瘍、十二指腸潰瘍などの症状がおこります。

ピロリ菌が胃の粘膜の分泌を妨げてしまい、胃酸で胃を傷つけてしまうからです。ピロリ菌を除去しない限り、症状が続き、慢性胃炎や胃潰瘍になってしまいます。胃がんとの関連も指摘されています。

ただし、ピロリ菌に感染しているからと言って、必ず炎症や潰瘍、胃がんを発症するわけではありません。 

ピロリ菌とは

ヘリコバクター・ピロリ菌(ピロリ菌)は、胃粘膜に生息しています。ピロリ菌は、ウレアーゼという酵素を出して、自分のまわりにアンモニアを作り出します。アンモニアはアルカリ性なので、ピロリ菌は胃酸を中和しながら、住みやすいように環境を整えます。同時にアンモニアは胃粘膜を傷つけ、有害な活性酸素や毒素を作り出します。こうしたピロリ菌の作用によって、感染症がおこるのです。

ピロリ菌感染症の多い年代

日本は、ピロリ菌の感染率が高く、50歳以上の人では、70~80%が感染しているのが現状です。上下水道がまだ整っていなかった時代に、小児期を過ごしていた人が、水から感染したとされています。衛生環境が整った後は、感染率が低くなっています。

ピロリ菌の除去で期待できる効果

日本では、胃がんが多発していると言われています。ピロリ菌に感染していると、胃がんになる確率が高くなるため、除去することで胃がんの発症を予防することが期待できます。また、胃炎や胃潰瘍も予防することができるので、ピロリ菌による慢性的な胃の不調から解放されることにもなります。

ピロリ菌によるリスクを回避する方法

まずは、自分がピロリ菌に感染しているかどうかを知る必要があります。ピロリ菌の検査と除菌は、胃・十二指腸潰瘍に限り保健が適用されます。「内視鏡で胃の組織を採取する方法」「呼気による診断方法」「血液や尿中のピロリ菌に対する抗体測定方法」の3つがあります。ピロリ菌に感染していると診断された場合は、抗生剤などによる除菌をおこないます。大人の場合、除菌後の再感染の可能性は低く、心配する必要はありません。ただ、免疫力が低い子供に対しては、口径感染する可能性もあるため、大人が一度かみ砕いたものを食べさせるなどは、おこなわないように注意が必要です。

ピロリ菌の除菌治療で現れる副作用

ピロリ菌の除菌治療では、「胃酸の分泌を抑える薬」「細菌の発育を抑える薬」「抗菌作用を高める薬」という除菌率が高い組み合わせの3種類の薬を服用します。除菌中は、腸内細菌のバランスが乱れるため、軟便、下痢が起こることがあります。また、腹痛や味覚障害などが現れることもあるようですが、それらは一時的なものです。ただし、血便が出る、蕁麻疹が出るなど副作用が強い場合は、医師に相談する必要があります。

除菌治療後には、除菌が成功したかどうかを判定する検査がおこなわれます。そこで、成功していない場合は、2次除菌、3次除菌をおこなうか検討されます。ただし、副作用や耐性菌の増加も考えられるので、一度目におこなう1次除菌の際に、ピロリ菌の活性を抑えるヨーグルトを併用すると効率の良い除菌効果が期待されます。

ピロリ菌の除菌が期待される乳酸菌の効果

ヨーグルトに含まれる乳酸菌には、「抗菌作用」と「免疫増強作用」があります。ヨーグルトを食べることで、胃の中でピロリ菌を殺菌します。また、免疫力も高まるので、ピロリ菌がたとえ侵入したとしても、感染症のリスクを避けられる可能性にも期待ができます。

LG21がピロリ菌にあたえる影響

250種類以上ある乳酸菌の中で、特にピロリ菌に効果的とされているのが「LG21(ガセリ21菌)」です。「LG21」は、他の乳酸菌よりも長く胃に留まり、ピロリ菌を殺菌します。

ピロリ菌をチェック

普段から胃の不調を感じる人は、まずピロリ菌に感染しているかどうか検査をしてみましょう。確率の高い除菌治療があり、効果を得られる食品もあるので、積極的に治療がおこなえます。ピロリ菌検査や除菌治療をおこなうことで、“完ぺきに治った”と過信するのではなく、それをきっかけに、食べ過ぎに注意したり、睡眠を見直したり、生活環境の改善に取り組みましょう。また、定期検診など自分自身の体に意識を向け大切にすることが、健康を維持するために一番大切なことです。

ピロリ菌の除菌に役立つ乳酸菌の選び方

不足している栄養を効果的に摂る方法

乳酸菌サプリ

乳酸菌やビフィズス菌をサプリメントで摂る。

乳酸菌サプリ

食物繊維サプリ

腸内細菌のエサになる食物繊維をサプリで補給。

食物繊維サプリ

青汁

足りない緑黄色野菜の不足を青汁で補う。

青汁

オリゴ糖

プレバイオティクスとしてオリゴ糖を使う。

オリゴ糖

ページの先頭へ