頻繁に下痢になる人は、原因を突き止めて、下痢を予防したいと思う方も多いでしょう。
ここでは下痢の症状や主な原因などについて説明して行きます。下痢にかかりやすいタイプや、予防方法などについても解説しますので、普段の自分の生活スタイルと照らし合わせて見て行きましょう。

下痢の症状

正常な便は適度に軟らかく水分を含んでいます。便に含まれる水分量が多いと柔らかさが増して行きますが、一定の形状を保っていれば軟便の状態です。下痢の中でも軽い状態と考えるといいでしょう。さらに水分量が増えると便が一定の形状を保てなくなり、泥のような状態になります。正常な便の水分量は60パーセントから80パーセント程度。軟便だと80~90パーセントくらいです。90パーセントを超えると、ほぼ液体のような状態の便が出ます。水下痢と呼ばれる症状です。

下痢になると、腹痛を伴うことがあります。
便意を催す頻度が普段よりも多くなることも下痢でよく見られる症状です。普段なら1日1回程度の排便で済んでいる人でも、下痢になると1日に何度も便意を催すことがあります。特に注意が必要な症状は、発熱を伴う場合や、便に血が混じっているようなとき、便の色が普段と違う場合です。症状が長く続くようであれば、医療機関を受診する必要があります。

下痢の原因

下痢になる原因はいくつかありますが、暴飲暴食が原因で下痢を引き起こしてしまうケースが多いです。暴飲暴食をすると、食べ物や水分がどんどん胃腸に入って来ます。消化が追いつかないまま、小腸から大腸まで進んでしまい水分も十分に吸収されていない状態です。特にお酒を飲みすぎたときには下痢になりやすい傾向にあります。アルコールは腸のぜん動運動を促進するためです。ぜん動運動というのは、便を体外に出そうとするために行う腸の運動のことを指します。他にアルコールの分解で肝臓が忙しくなり、胆汁の分泌に手が回りにくくなることも下痢の原因の1つです。

細菌やウイルスが入り込んだ場合も下痢の原因になります。身体に備わっている防御機能が働いて、細菌やウイルスをできるだけ早く体外に出そうとするのです。その結果、十分に消化吸収されないまま水分を大量に含んだ便が出ます。

ストレスも下痢になる原因です。胃腸はストレスの影響を受けやすく、強い緊張状態になったり、不安に感じたりすることがあると、胃腸が正常に働かなくなってしまいます。水分の吸収があまり行われず、便を体外に出そうとする働きだけが強まると下痢になることが多いです。下痢が長期間にわたって続く場合には、胃や腸の病気が原因になっている場合もあります。

下痢にかかりやすい人のタイプ

水分を一気に大量摂取することが多い人は、下痢になりやすいケースが多いようです。腸で水分の吸収が追いつかなくなり、便が余分な水分を含んだまま体外へ排出されます。
冷たい飲み物などを一気に飲むと、胃腸が刺激されるため、さらに下痢になりやすくなります。

お酒を飲むことが多い人も下痢になりやすい傾向があります。アルコールが胃腸に与える影響に加えて、水分が多く必要になるためです。お酒を飲んだ後は、喉が渇くあまり、つい大量の水を一気に飲んでしまうことがあるでしょう。お酒に弱い人もたまにお酒を飲んだときに下痢になることがよくあります。

体質により下痢になりやすいこともあります。牛乳を飲んだ後にお腹が痛くなる人は要注意です。牛乳などの乳製品に含まれる乳糖を分解する酵素が、体質的に少ないと、十分に消化できず下痢になってしまうことがあります。これを乳糖不耐症といいます。

他に緊張しやすい人や、ストレスに弱い人なども下痢になりやすいです。

検査・診断

下痢の症状が続く場合には、医療機関を受診した方がよいでしょう。病院で医師が行う検査は問診や触診、聴診などです。下痢になる前に食べたものや、下痢に伴って起こる症状、便の状態などを医師に伝えましょう。血液検査などを行うこともあります。

大きな病気が疑われる場合には、検査設備の整った病院を紹介されます。病院で行う検査は、内視鏡検査やCTスキャンなどです。

治療方法

下痢の原因が暴飲暴食やお酒の飲みすぎなどの場合には、2,3日程度胃腸に負担の小さい食事をして、飲酒を控えれば改善することが多いです。ウイルスや細菌が原因の場合には、抗生剤を使用した治療が行われます。

ストレスが原因で下痢になっている場合には、環境を変えるなどの対策が必要です。頻繁に便意を催すと、我慢しようとする人もいますが、我慢はなるべく避けましょう。便意を催したらいつでもトイレに行ける環境に置くことが大切です。余裕が持てるようになると、ストレスが緩和され、下痢の症状も改善されて行くことがあります。

また、下痢の原因が自分でよく分かっていないときに、安易に市販の下痢止めを使用するのは避けましょう。

予防・ケアの方法

下痢を予防するには、暴飲暴食を避けることが大切です。食べすぎは胃腸に負担をかけやすく、後で辛い思いをしてしまいます。お酒もあまり飲みすぎないようにしましょう。特に脂っこいおつまみを食べながら、お酒を飲むと胃腸はもちろん、肝臓にも大きな負担がかかります。お酒を飲むときには、なるべく胃腸に負担の小さいおつまみを食べながら、ゆっくり飲むのが望ましいです。水分補給をするときにも、常温の水を少しずつ飲むのが望ましいでしょう。

ウイルスや細菌で下痢になるのを予防するには、衛生管理を徹底することが大切です。調理の際には、しっかり火が通るように加熱しましょう。食器や調理器具などに細菌が付着していることもあるため注意が必要です。肉類と野菜とで、調理器具の使い分けをすることなども下痢の予防に繋がります。

下痢に役立つ乳酸菌の選び方

不足している栄養を効果的に摂る方法

乳酸菌サプリ

乳酸菌やビフィズス菌をサプリメントで摂る。

乳酸菌サプリ

食物繊維サプリ

腸内細菌のエサになる食物繊維をサプリで補給。

食物繊維サプリ

青汁

足りない緑黄色野菜の不足を青汁で補う。

青汁

オリゴ糖

プレバイオティクスとしてオリゴ糖を使う。

オリゴ糖