腸内環境に関わる症状とは?腸内環境の悪化が原因でおこる可能性のある疾病について

腸内環境は食事や運動、ストレスなどの様々な影響を受けて、日々変化しています。

善玉菌が減って、逆に悪玉菌が優勢になると中立的な立場だった日和見菌も悪玉菌の味方になり、腸内環境がどんどんと悪化してしまいます。

便秘による腐敗物の増加や有毒ガスの発生、免疫力の低下、栄養分の過剰な吸収、ホルモン分泌の異常など、疾病の原因となるような状態が起こってしまいます。

腸内環境の悪化が原因となって、引き起こされる可能性のある症状をまとめました。

胃腸で起こる症状

便秘

下痢

過敏性腸症候群(IBS)

胃がん

大腸がん

ピロリ菌

 

免疫に関するもの

風邪

インフルエンザ

アレルギー

アトピー

花粉症

 

身体の外側の症状

肌荒れ

体臭

口臭

歯周病

アンチエイジング

生活習慣病

メタボリックシンドローム

肥満

高血圧

コレステロール

心や脳に関する症状

自律神経失調症

うつ病

メンタルヘルス

認知症

不足している栄養を効果的に摂る方法

乳酸菌サプリ

乳酸菌やビフィズス菌をサプリメントで摂る。

乳酸菌サプリ

食物繊維サプリ

腸内細菌のエサになる食物繊維をサプリで補給。

食物繊維サプリ

青汁

足りない緑黄色野菜の不足を青汁で補う。

青汁

オリゴ糖

プレバイオティクスとしてオリゴ糖を使う。

オリゴ糖

ページの先頭へ