胃がん症状

胃がんの初期症状では、腹痛や腹部の不快感、嘔吐、食欲低下、胸やけなどが症状として現れます。

更に、胃がんが進行すると、激しい腹痛や、ひどい場合は吐血などの症状が出ます。

胃がん予防のポイント

胃がんは、喫煙やアルコールの摂取、食生活などの生活習慣や、ピロリ菌の感染などが胃がん発生のリスクを高めることが分かっています。

ピロリ菌に感染した人のすべてが胃がんになるわけではありません。しかし、ピロリ菌の除菌療法が胃がんにかかるリスクを低くするという研究結果が多く報告されています。感染していることがわかった場合には除菌療法が勧められています。

ピロリの感染の有無に関わらず、禁煙したり、塩分の多い食品のとり過ぎに注意したり、野菜、果物が不足しないようにするなど成果スタイルの改善も大切です。

胃がん予防に働く乳酸菌

胃がんの予防には、ピロリ菌の除菌や胃の炎症を抑える働きのある乳酸菌の摂取が効果的です。

「ピロリ菌の働きを抑える」という実験結果がある乳酸菌・ビフィズス菌は以下になります。

・LG21 ラクトバチルス・ガセリOLL2716株

・ラクトバチルス・プランタラム・SN13T株

・ラクトバチルス・プランタラム・SN35N株

・BF-1株

・ラクトバチルス・ジョンソニ

 

胃がん予防おすすめの乳酸菌サプリ

① 乳酸菌 EC-12

・乳酸菌にプラスしてオリゴ糖も配合

・1袋でヨーグルト約100個分、約1兆個の乳酸菌

・ミルクオリゴ等が善玉菌の栄養に

・生きて腸まで届いて、ビフィズス菌の増加をサポート

価格

初回1,810円

乳酸菌の種類

乳酸菌EC-12

乳酸菌の量

1袋 1兆個

乳酸菌EC-12の特徴は乳酸菌の豊富さ。エンテロコッカスフェリカス菌EC-12株は、球状の非常に小さな乳酸菌です。この小さな乳酸菌を配合することで、1袋1gでヨーグルト約100個分、約1兆個もの乳酸菌を手軽に摂取できるように製品化されました。
ビフィズス菌はそのまま食べても胃酸の影響で消化されてしまいますが、高度な加熱処理を行うことで、消化や分解されることなく腸まで届いて、ビフィズス菌の増加をサポートします。

公式サイトへ

商品をもっと詳しく知りたい方

②プレミアムスリムビオ

・配合成分が豊富

・1袋でヨーグルト約100個分、約1兆個の乳酸菌

・ミルクオリゴ等が善玉菌の栄養に

・生きて腸まで届いて、ビフィズス菌の増加をサポート

価格

初回1,980円

乳酸菌の種類

EC-12、スマート乳酸菌、ビフィズス菌B-3

乳酸菌の量

一袋あたり 1兆個

乳酸菌EC-12の特徴は乳酸菌の豊富さ。エンテロコッカスフェリカス菌EC-12株は、球状の非常に小さな乳酸菌です。この小さな乳酸菌を配合することで、1袋1gでヨーグルト約100個分、約1兆個もの乳酸菌を手軽に摂取できるように製品化されました。
ビフィズス菌はそのまま食べても胃酸の影響で消化されてしまいますが、高度な加熱処理を行うことで、消化や分解されることなく腸まで届いて、ビフィズス菌の増加をサポートします。

公式サイトへ

→商品をもっと詳しく知りたい方