ヨーグルトは、腸内環境を整える役割を果たす、最も一般的で手に入れやすい食品です。

最近では、商品を特徴付ける乳酸菌の種類も豊富になり、ヨーグルト自体も種類がどんどん増えています。たくさんある中から、自分に合うタイプのヨーグルト(菌)を見つけることが、より効果を発揮できるとされています。

価格的にも続けやすいヨーグルトなので、腸内環境を整えるために是非とも続けたい習慣です。ヨーグルトによる効果や乳酸菌について知ることで、ヨーグルト選びに役立ててください。

ヨーグルトの効果

ヨーグルトを食べる目的は、ヨーグルトに含まれている乳酸菌やビフィズス菌を腸内に摂り込むことです。

乳酸菌は数日間、小腸内に滞在して、もともと小腸内に住んでいる善玉菌を活性化させます。さらに乳酸菌は、小腸の中で乳酸をつくり出すことによって腸内を酸性に保ちます。

乳酸菌は、一度食べたらお腹の中に住みつくわけではないため、毎日摂取して、悪玉菌が苦手な環境をつくることが必要です。ヨーグルトは、ダイエット、便秘改善、美肌などの美容効果が高ことから毎日摂るようにしている人も多い食品ですが、その他にもたくさんの効果が期待されています。

便秘改善

便秘は男性よりも圧倒的に女性に多いと言われています。 逆に男性は、便秘よりも下痢で悩んでいる人が多いようです。便秘も下痢もどちらも腸内環境が悪いことで起こります。腸内環境を良くすることで、どちらも改善されます。ヨーグルに含まれている乳酸菌やビフィズス菌が、腸内環境を整え、腸を刺激して便通をよくしてくれます。

ニキビ、肌荒れを改善して美肌効果

悪玉菌が多い人の腸内には腐敗物や老廃物が多く溜まってしまい、そこから有毒ガスを発生させます。この有毒ガスは腸管を通して体内のあらゆる場所に運ばれ肌荒れの原因となってしまいます。ヨーグルトを摂ることで便秘が改善されると、腸内の悪玉菌が減ります。そのためニキビ、肌荒れの原因の有害物質も生産されにくくなるので、美肌につながります。

生活習慣病の予防

ヨーグルトの効果により、悪玉コレステロールが減ることが研究により判明しています。悪玉コレステロールは、心臓病など生活習慣病の元となるので、これを減らすことで予防効果が期待できます。

骨を強くする、精神の安定

ヨーグルトに豊富に含まれるカルシウムは、骨や歯の元となるので、骨を強くして骨粗鬆症を予防します。また、カルシウムにはイライラするのを防ぐ精神安定効果も期待できます。

ストレス緩和

ストレスによって腸内バランスは崩れ、お腹の調子が悪くなることがあります。ストレスがかかり悪玉菌が増えている状態です。腹痛、便秘、下痢を繰り返す過敏性腸症候群もストレスが原因となっていることも多い症状です。ストレスによる影響は、限りないものです。ストレスに負けないようにヨーグルトを摂り、腸を丈夫にして腸内環境を整える事が大切になってきます。

筋肉をつくる

ヨーグルトには、豊富にたんぱく質が含まれているため、食べることで、筋肉をつくる働きをします。タンパク質はとても重要な栄養素にも関わらず大抵の人は十分摂取できていません。タンパク質の不足は、筋肉痛、肌荒れ、髪のパサつき、免疫力の低下などに繋がります。

ウイルス、細菌の免疫力向上

ヨーグルトを食べると免疫力が上がり、風邪やインフルエンザなどの病気にかかりにくいということが分かっています。腸内環境が良くなった結果、免疫力を高めてくれて、風邪や病気になりにくい健康な身体をつくります。

脂肪燃焼促進効果

ヨーグルトは、ビタミンB2が豊富です。ビタミンB2は、脂肪の代謝を促す効果があり、脂肪の燃焼には不可欠な栄養素と言われています。

ダイエット効果

太りやすい人と痩せやすい人の違いは、腸内環境と関係があることがわかっています。一般的な健康な人の腸内細菌は善玉菌20%、悪玉菌10%、日和見菌70%です。ヨーグルトを摂って身体の中に溜まっていた老廃物や便などを排出することで善玉菌が増え、腸内環境は良くなります。腸内細菌を整えることで肥満体質を変えることができるのです。

ヨーグルトの成分

ヨーグルトには、たんぱく質、脂質、ビタミン、ミネラルなどが含まれています。これは原料である牛乳と同じですが、ヨーグルトの場合、乳酸菌などが加わり発酵食品となっているため栄養価も非常に高くなっています。

たんぱく質

血液や筋肉、臓器などの身体を構成する成分で、人間が生きていくためには最も必要な栄養素です。ヨーグルトに含まれているたんぱく質は、乳酸菌の働きでアミノ酸にまで分解されています。アミノ酸の量は牛乳の4倍で、牛乳よりも消化吸収が優れています。

脂質

身体を動かすエネルギー源です。細胞膜や血液、ホルモンの材料となりますプレーンヨーグルトには約3.0g、飲むヨーグルトには約0.5gでプレーンヨーグルトの方が多く含まれています。

ビタミン

ビタミンA・B1・B2がヨーグルトに含まれています。このビタミンは、日本人に不足しているといわれています。ビタミンB2は、皮膚や髪の健康、ビタミンB1は、疲労回復・食欲増進、ビタミンB1、ビタミンEは、アンチエイジング効果を期待できる成分です。

ミネラル

歯や骨などを構成し、酵素やホルモンの成分でもあるミネラルは、身体の機能を調整し、神経や筋肉などの機能を維持する働をします。ミネラルの中でも多く含まれているカルシウムは、精神を落ち着かせてくれる働きもあります。牛乳100gあたりにカルシウムが約110mg含まれていますが、プレーンヨーグルトは、より多く約120mgが含まれています。また、乳酸と結びつくことで乳酸カルシウムへと変化し体内に吸収されやすくなっています。

糖質

牛乳を飲むとお腹が緩くなるのは、牛乳の糖質である乳糖を分解する酵素の働きが弱いことが原因です。ヨーグルトの場合は乳酸菌の働きで乳糖の一部が分解されているため、安心して食べることができます

炭水化物

ブドウ糖などに分解され、脳や中枢神経系のエネルギーになります。頭を働かせるためには必要な栄養素です。プレーンヨーグルトには、100g当たり約4.9g含まれています。

ヨーグルトの歴史

ヨーグルトはブルガリアが発祥といわれており、紀元前3000年の古い歴史があります。ヤギの皮に入れていた生乳がバクテリアの自然発生により、ヨーグルトのようになっていたのが始まりだといわれています。2世紀頃、ブルガリアの人々がヨーロッパ中へと広め、そこから世界へと知れ渡っていきました。

日本でもヨーグルトの歴史は古く、7世紀には伝わってきたようです。初めは、高貴な人々の薬として使われているだけで、一般の人はヨーグルトの存在を知りませんでした。16世紀に入り酪農が盛んになって、生乳を扱うようになり、乳製品が広まりました。

日本では、1917年に初めてのヨーグルトが発売され、当時は、加糖ヨーグルトが主流でした。プレーンヨーグルトを買うことができるようになったのは最近のことです。日本で一番古いといわれている医学書には、乳製品が身体にとっていいものだということが記されているようです。

市販されているヨーグルトの種類

ヨーグルトの乳酸菌にもそれぞれに特徴があります。合うかどうかをしばらく試してみて、効果を感じられない場合は、別の種類を試し、自分に合うものを探すことも大切です。

明治ブルガリアヨーグルト

ブルガリア菌とサーモフィラス菌を混ぜて発酵させたものを乳酸菌LB81としています。ヨーグルトで有名なブルガリアでも乳酸菌LB81を使っています。腸内をキレイにする整腸効果が強く、腸内から肌バランスを整えます。美肌効果が非常に高いのが特徴です。

タカナシ乳業 おなかにGG

LGG菌は胃酸や胆汁酸に負けずに生きたまま腸へ届き、長期間定着する強さが特徴です。他の乳酸菌と比較しても耐性は強く、腸内環境改善への貢献が期待できます。下痢や便秘の改善、子どものアトピー性皮膚炎発症率低下、インフルエンザや風邪の予防、花粉症の鼻づまり軽減、体脂肪低下などに効果的なLGG菌は、歴史がとても古く、世界で最も研究されている乳酸菌です。

カスピ海ヨーグルト

 クレモリス菌FC株とは、生きたまま大腸まで届く力強い乳酸菌です。クレモリス菌FC株の特徴は、その力強さです。とても強く、しっかりと腸に届きます。整腸作用や免疫力アップ、抗アレルギー作用など、さまざまな効能を発揮するクレモリス菌FC株ですが、この乳酸菌を摂取したときに、一緒に大腸に届く成分が、粘り成分のEPSです。これは、乳酸菌がつくりだす乳酸菌生産物質のひとつです。このEPSがクレモリス菌FC株と一緒に、消化されずに大腸まで届きます。クレモリス菌FC株とEPSが大腸で働きかけることによって、お腹の調子を整える作用、アレルギーを抑える作用、免疫力を高める作用などが発揮されると考えられています。

グリコ朝食プロバイオティクスヨーグルト

他のビフィズス菌との最大の違いは、生きて腸まで届き、おなかで増殖できる特性を持っていることです。乳酸菌の働きで、もともと腸内にいるビフィズス菌が増えやすい環境にして、食べた菌数以上のビフィズス菌を補給するため、整腸作用が強く、便秘解消に美肌へもつながります。

ダノンビオ

ダノンの腸まで生きて届くビフィズス菌BE80は、他の製品よりも長時間腸内で生き続け、便秘解消に最適なヨーグルトです。そんな特徴を持つダノンビオですが、生きたまま腸に届いて食べ物の腸管通過時間を短縮する作用から便秘に効果的と言われています。他にも、悪玉菌を減らす作用から腸内で起こる膨張感を抑える効果も期待されます。

雪印メグミルクナチュレ恵

腸内を整えるビフィズス菌とガセリ菌SP株(ラクトバチルス・ガセリSBT205)の両方が配合されていて、整腸作用が強いのが特徴です。通常の乳酸菌の寿命(3~7日)よりも長く、腸内にとどまってくれることがわかっています。内臓脂肪・皮下脂肪を減少させ、お腹を引き締めるのに効果的です。

明治ヨーグルトR-1

インフルエンザを予防できると人気をはくしているヨーグルト。配合されている1073R-1乳酸菌は、EPS(多糖体)を作りだしてくれる乳酸菌です。ESPはインフルエンザウイルスや風邪ウイルス、がん細胞等と戦い身体の免疫力を上げてくれるNK細胞(ナチュラルキラー細胞)を活性化してくれます。

小岩井生乳100%ヨーグルト

ビフィズス菌Bb-12株は世界的に利用されているプロバイオティクスです。生きたまま腸に到達することができます。整腸作用はもちろんですが、マクロファージという免疫細胞を活性化させて、免疫応答を上げて免疫力をあげる作用も確認されています。風邪の予防に最適。

ヨーグルトで使われている乳酸菌

乳酸菌は、誰もが聞いたことのある名前から、知られていないものまで何千種類もあります。それぞれが体内で活動しています。乳酸菌を大きく分けると植物性乳酸菌と動物性乳酸菌の2種類があり、この動物性乳酸菌というものが、ヨーグルトの乳酸菌です。ヨーグルトの乳酸菌は、乳糖などの糖類を栄養源にして乳酸を作り出します。人間の体内は酸性であることが望ましいため、乳酸をつくり出す乳酸菌は人間にとって必要な成分といえます。

動物性乳酸菌

主に牛乳やヨーグルトなどの乳製品に多く含まれています。単独で生きる乳酸菌で胃酸に弱く、ほとんどが腸まで届くことなく分解されます。簡単に分解されてしまう動物性乳酸菌ですが、実は植物性乳酸菌のえさとなり、植物性乳酸菌を活発化させてくれます。腸内を刺激し整腸作用を高め、同時に免疫力まで高めるすばらしい細菌です。

動物性乳酸菌…ブルガリア菌、LG21乳酸菌、ビヒダスBB536、ガセリ菌SP株

植物性乳酸菌

主に野菜や大豆に生息しています。植物性乳酸菌は栄養分が乏しい過酷な場所でも、生き抜く力を持つということで注目されている強い乳酸菌です。強い乳酸菌であることから、胆汁や胃酸などによって簡単には分解されず、腸まで届きやすい特長があります。ぬか漬けには、植物性乳酸菌が多く含まれていることでも有名です。

植物性乳酸菌…ラブレ菌、ラクトバチルス・プレビス、ラクトバチルス・プランタラム、テトラジェノコッカス・ハロフイルス

ヨーグルト まとめ

美容と健康のために是非とも毎日摂りたいヨーグルト。含まれている乳酸菌やビフィズス菌がどのように身体に作用するかを知ると、腸内の善玉菌を毎日少しずつ育てているというイメージができます。

食べてすぐに効果が発揮されるものではないので、時間をかけて楽しみながら、菌と付き合ってゆくと良いですね。

こんな症状に悩んでいませんか?

便秘

慢性的にお腹が張っていて便秘気味。
コロコロなうんちが週に何回かしか出ない。

便秘について詳しく調べる

風邪やインフルエンザ

年に何回も風邪にかかってしまう。
インフルエンザは注意しているけど不安。

免疫力を高めて負けない身体になる

アレルギー

食べ物などで皮膚がかゆくなる。
花粉症で鼻がムズムズ、目もかゆい。

かゆみやムズムズを抑える

肥満改善・ダイエット

お腹周りに余計な肉がついた気がする。
食事も注意しているけど痩せない。

身体の中からすっきり痩せる