乳酸菌には、植物からとられた乳酸菌と、動物からとられた乳酸菌があります。

身近なものでは、植物性乳酸菌は醤油や味噌など、動物性乳酸菌はヨーグルトやチーズなどがあります。それぞれの異なる性質を知っておくと、より効果的に選択することが可能になります。

植物性乳酸菌とは?

植物性乳酸菌は、味噌や醤油、漬物などの植物からつくられる発酵食品に生息している菌のことです。

植物性乳酸菌は、ブドウ糖・果糖・ショ糖・麦芽糖など多糖類多様のものを分解して乳酸をつくります。

乳酸菌は熱や酸に弱いとされていますが、植物性乳酸菌の場合は、塩分濃度が高かったり酸性度が強かったりと、菌にとって厳しい環境の中で生息しているため、生命力が強く、活性力のあるまま生きて腸の中まで届くといわれています。

植物性乳酸菌の効果

植物性乳酸菌は、小腸で免疫細胞を活性化させて免疫力を高めます。

生きて大腸に届いた植物性乳酸菌は、生菌として腸内に常在しているビフィズス菌などの善玉菌とともに、酸をつくり、腸内を悪玉菌の住みにくい酸性にすることで腸内環境を改善します。
また、腸を刺激することで大腸の動きを促します。

植物性乳酸菌は、整腸作用、美肌作用、免疫力向上、抗アレルギー作用、メタボの予防改善などの効果が期待される乳酸菌です。

植物性乳酸菌のメリット・デメリット

植物性乳酸菌の最大のメリットは、胃酸にも強く、生きたまま腸まで届くことです。
さらに、植物性乳酸菌を豊富に含む発酵食品の多くは、食物繊維も豊富に含んでいます。植物由来のため、低脂肪・低カロリーなこともメリットといえます。

逆にデメリットをあげると、植物性乳酸菌を含む食品には、塩分が多いことです。血圧の高い人などは、漬物や味噌、醤油の取りすぎに注意が必要です。

動物性乳酸菌とは?

動物性乳酸菌は、牛乳などに含まれる乳糖のみを分解して乳酸をつくります。他の微生物との共存が難しく、単独で生息しています。栄養が豊富で、バランスが良い環境を好んで生きています。

動物性乳酸菌は胃酸に弱いため、食べ物として摂取してもほとんどが生きて腸まで届くことはありません。

動物性乳酸菌の効果

動物性乳酸菌は生きて腸まで届くことは少ないですが、健康への効果がないわけでありません。

腸に届いた死菌は善玉菌のエサになります。さらに、有害物質に吸着して便とともに排出されます。
また、腸壁を刺激して腸の働きを良くし、腸内環境の改善することで、便秘改善効果が期待できるのです。

動物性乳酸菌のメリット・デメリット

動物性乳酸菌が含まれているヨーグルトなどの乳製品は、カルシウムの吸収効率が非常に高く、良質のタンパク質も乳酸菌と一緒に取れるメリットがあります。

逆にデメリットとして挙げられるのは、動物性脂肪が多く含まれており、脂肪として蓄積されやすい飽和脂肪酸も含まれている事が多いことです。

飽和脂肪酸は体内でコレステロールをつくる原材料にもなってしまいます。肥満や中性脂肪が気になる場合は、過剰摂取には注意して、低脂肪や無脂肪ヨーグルトなどを選ぶという方法もあります。
脂質や糖質、エネルギーなどの成分表示を確認することが大切です。

植物性と動物性の違いを比較

植物性乳酸菌は、野菜や大豆、米などに含まれるブドウ糖、果糖、ショ糖、麦芽糖などをエサにして生育します。
一方、動物性乳酸菌の主なエサは、乳に含まれる乳糖です。
動物性乳酸菌は約20種類ほどですが、植物性乳酸菌は、その約10倍もの種類があるといわれています。

通常のヨーグルトの製造に使われる動物性乳酸菌は、熱や乾燥、酸に弱い性質のため、胃酸などで死んでしまいます。一方、植物性の乳酸菌は、胃酸や胆汁に強い性質を持つ菌が多く、生きたままで菌が腸に届くため、プロバイオティクスとして大きく期待されています。

性質の違いはありながらも、同じ菌種の菌株は性質や遺伝子がほぼ同一ということから、乳酸菌が示す効果は、菌株によって大きな差があることも広く知られています。そのため、植物性や動物性などによって効果が分かれるということもありません。

動物性乳酸菌は、腸に向かう途中に胃酸などによって死んでしまったからといって、役に立たないわけではなく、自らが植物性乳酸菌や善玉菌のエサとなります。 死菌となってからも、しっかりと役割を果たすため、動物性乳酸菌も植物性乳酸菌と同様に、健やかな毎日を送るために摂取したい菌といえます。

植物性乳酸菌と日本人の腸内細菌の相性

毎日の食事に、漬物などを一品追加することで、簡単に植物性乳酸菌を摂ることができます。

醤油や味噌、漬物などの日本食以外にも、キムチやザーサイなどの食品にも、植物性乳酸菌が豊富に含まれています。脂質が低いことから日本人の体質に向いた乳酸菌で、とても相性の良い乳酸菌といえます。

乳酸菌といえば、ヨーグルトなどの動物性乳酸菌をとることが一般的に考えられがちです。
しかし、植物性乳酸菌の方が動物性乳酸菌より胃酸に強く、生きている状態で腸に届くこと、乳糖が消化できず、牛乳やヨーグルトなどの乳製品でお腹がゆるくなる人にとっては、動物性乳酸菌よりも、相性の良い植物性乳酸菌の方が安心して毎日摂ることができます。

植物性乳酸菌・動物性乳酸菌まとめ

腸まで届く、強くて丈夫な植物性乳酸菌と、死菌になったあとも善玉菌のエサとなり、役割を果たす動物性乳酸菌は、どちらも必要なものであり、毎日続けて摂りたい成分です。植物性と動物性を合わせると食品の種類も非常に豊富です。飽きずに、毎日の食事に摂り入れることができそうです。

こんな症状に悩んでいませんか?

便秘

慢性的にお腹が張っていて便秘気味。
コロコロなうんちが週に何回かしか出ない。

便秘について詳しく調べる

風邪やインフルエンザ

年に何回も風邪にかかってしまう。
インフルエンザは注意しているけど不安。

免疫力を高めて負けない身体になる

アレルギー

食べ物などで皮膚がかゆくなる。
花粉症で鼻がムズムズ、目もかゆい。

かゆみやムズムズを抑える

肥満改善・ダイエット

お腹周りに余計な肉がついた気がする。
食事も注意しているけど痩せない。

身体の中からすっきり痩せる