腸内細菌とは?善玉菌・日和見菌・悪玉菌の働きと効果について

腸内細菌が身体に与える影響

腸は栄養の吸収や免疫のバランス維持など、健康を大きく左右する大切な器官です。

その腸の中には約100兆個以上の腸内細菌達がすんでいて、それぞれがさまざまな役割を担って働いています。

そんな細菌達の活躍を知って、快適に働ける環境を作ってあげることで、健康と美容を維持・改善しましょう。

腸内細菌とは

腸内細菌とは、その名の通り、腸の中にすんでいる細菌のことです。腸内細菌は腸の中で腸内フローラとよばれる生態系を作り、日々縄張り争いをしながら、身体のために働いています。

腸は小腸や大腸の総称で、食べ物を消化して栄養として吸収したり、余計な物質をうんちとして排泄したりする器官です。その他にもホルモンやビタミンなどの物質の生成、解毒などを行っていますが、その多くが腸内細菌の働きによってサポートされています。

胃から腸までの間には約500~1,000種類の腸内細菌が存在していて、その数は約100兆個といわれています。人間一人の体を構成する細胞が全部で約60兆個なので、数を比較しても圧倒的な多さになります。重さでは約1~2kgほどの量になります。

腸内細菌の種類と働き

腸内では大きく分類して、善玉菌・悪玉菌・日和見菌の3種の菌がひしめきあって活動しています。成人の場合には、善玉菌が20%、悪玉菌が10%、日和見菌が70%のような割合が平均的で、バランスが良い状態と言われています。

「善玉菌 」は、乳酸菌やビフィズス菌、納豆菌、酪酸菌などがあげられます。

乳酸菌とビフィズス菌は体内の免疫細胞を刺激して、免疫を高めるインターフェロンという成分を生成します。さらに免疫を調整してアレルギーなどを抑える働きもあります。

ビフィズス菌は、ビタミンB群やビタミンK、葉酸などのビタミン、短鎖脂肪酸などを作る働きがあります。短鎖脂肪酸は腸が残留物をうんちとして排出するぜん動運動を活発にします。ぜん動運動が停滞するといわゆる便秘のような状態になり、腸内では有害性物質が発生して、炎症などが起こりやすい腸内環境になってしまいます。つまり、ビフィズス菌が多い状態を保つことで、短鎖脂肪酸も多く生成され、病原菌の繁殖や感染を防ぎ、発がん性物質の生成を抑えることができるのです。

大人のうんち1gには、菌の平均的に乳酸菌が約1,000万個、ビフィズス菌が約100億個の数の細菌が含まれていて、腸内にはビフィズス菌の数が多く存在している事が分かります。

乳酸菌は酸素があっても生存できる通性嫌気性菌に分類され、消化管の中の小腸でも活動できます。一方でビフィズス菌は酸素があると生存できない偏性嫌気性菌で、酸素がない大腸で活動しています

「悪玉菌」には、大腸菌(有毒株)ウェルシュ菌、ブドウ球菌があります。

大腸菌(有毒株)ウェルシュ菌は、大腸の中で発がん性物質や発がん促進物質、アンモニア、硫化水素、インドール、スカトールなどの有害物資を作り出します。作られた有害物質は大腸壁から吸収され、血流に乗って体内をめぐり、体のさまざまな器官や組織に悪栄養をもたらします。

最近の研究では体に有益な悪玉菌がいることが分かってきました。病原性大腸菌O-157の退治や、ビタミンを合成するなどの働きが確認されています。

善玉菌と悪玉菌はエネルギーの交換を行ったり、強力な病原菌が侵入した場合には協力して退治したりするなどの働きも行います。悪玉菌も必要悪であることを考えると、むやみに全て退治するようなことをしても悪影響が出る可能性もあるので、腸内フローラ全体のバランスが大切なのです。

「日和見菌」には、バクテロイデス菌、大腸菌があります。

腸内で最も数の多い勢力ですが、細菌の種類が多いために働きや性質が分かっているのはごく一部になります。善玉菌、悪玉菌のどちらか優勢な方に加担するという性質があるので、善玉菌の味方につけることが腸内環境にとっても重要です。

乳酸菌の働き

乳酸菌は「ブドウ糖や乳糖などの炭水化物を発酵によって分解して乳酸を作り出す細菌」の総称です。乳酸菌という1種類の菌を意味するものではなく、現在は分かっているだけでも約350種類以上にもなります。

主な乳酸菌は、細長い形をした「乳酸桿菌」と、丸い球状の「乳酸球菌」に分類されます。乳酸桿菌と乳酸球菌たちは小腸や大腸に住み、有害物質を作り出してしまう悪玉菌の増殖を抑える働きをしています。

乳酸菌は善玉菌として知られていて、乳酸発酵や醸造食品の味噌や漬物など、昔ながらの和食にも多くの乳酸菌が使われています。

乳酸菌の大きな働きは、病気にかかるのを防ぐ免疫を管理していることがあげられます。乳酸菌などの善玉菌が生成する有機酸が病原菌の増殖を抑え、体の免疫力を高めることで、病気になりにくくさせます。病原性大腸菌であるO-157やインフルエンザの予防効果があるのはニュースなどで聞いたことがある方も多いと思います。

身体の免疫力が過剰に高まってしまった場合、自己防衛機能が働きすぎて、病原菌ではない物質の花粉などを攻撃してしまうこともあります。花粉症やアトピー性皮膚炎などのアレルギー疾患は、この免疫機能が過剰に反応してしまうことで発症します。

乳酸菌には、この様な免疫機能のバランスも良い状態にする働きがあります。

ビフィズス菌の働き

ビフィズス菌も乳酸菌の1種として分類される事もありますが、学術的には「代謝生産物の50%以上が乳酸の細菌」を乳酸菌として定義されていて、ビフィズス菌は乳酸の生成が50%に満たなく、乳酸の他に酢酸も生成するために、乳酸菌とは分けて考えられています。

ビフィズス菌は食べ物の消化カスが残留してしまう大腸の中で悪玉菌の働きを抑え、悪玉菌が作り出すアンモニア、炭酸ガス、発がん性物質などの体にとって有害な物質を吸着してうんちとして体外に排出する役目もあります。

また、大腸の中で乳糖を分解して乳酸と酢酸を作り出します。腸内を酸性にバランスをとり殺菌作用のある酢酸が悪玉菌の増殖を抑え、腸管を刺激してぜん動運動を活発にさせる働きがあります。

腸内細菌の活性化と栄養源

腸内の善玉菌の活動が多くなると、悪玉菌の増殖や活動を抑え、腸内環境を良い状態に保つ事ができます。善玉菌の活躍を増やすには、現在住んでいる善玉菌にエサとなる食べ物を腸に届けるか、善玉菌を生きたまま腸に届けるかの方法が考えられています。

善玉菌のエサとなる食べ物や栄養源を総称して「プレバイオティクス」と呼びます。オリゴ糖(ガラクトオリゴ糖、フラクトオリゴ糖、大豆オリゴ糖など)や食物繊維の一部(ポリデキストロース、イヌリンなど)が、プレバイオティクスとしての条件を満たす食品成分として認められています。

プレバイオティクスの定義は以下の条件を満たしたものになります。

1.消化管上部で分解・吸収されない

2.大腸に共生する有益な細菌の選択的な栄養源となり、それらの増殖を促進する

3.大腸の腸内フローラ構成を健康的なバランスに改善し維持する

4.人の健康の増進維持に役立つ

身体に良い作用をもたらす菌を総称して「プロバイオティクス」と呼びます。善玉菌が生きたまま腸に届くことで、腸内環境の正常化に直接関与します。

「プロバイオティクス」の定義は以下の条件を満たしたものになります。

1.安全性が保証されている

2.もともと宿主の腸内フローラの一員である

3.胃液、胆汁などに耐えて生きたまま腸に到達できる

4.下部消化管で増殖可能である

5.宿主に対して明らかな有用効果を発揮できる

6.食品などの形態で有効な菌数が維持できる

7.安価かつ容易に取り扱える

参考 http://bifidus-fund.jp/keyword/kw030.shtml

腸内で生成される物質

腸内にすんでいる善玉菌は、身体の健康や美容に役立つさまざまな物質を作り出しています。

・有機酸

一番大きな働きとしては有機酸を産生することです。産生とは細胞で物質が合成・生成されることを意味します。

乳酸菌は乳酸を、ビフィズス菌は乳酸と酢酸を産生しています。

有機酸は腸管を刺激して、腸のぜん動運動を活発にさせます。腸の動きが良くなることで、よいうんちが作られて排便がスムーズになります。悪玉菌が優勢な状態になると、有機酸の産生が少なってぜん動運動も弱まり、便秘になってしますのです。また、有機酸は腸内のpH(ピーエッチ)を酸性に保ちます。腸内が酸性になると、身体に有害な病原菌の増殖が抑えられます。万が一、腸に病原菌が入り込んでも、病気にかかりにくくなるという事です。

・ビタミン

糖質をエネルギーに変えるビタミンB1,脂質の代謝をサポートしたり、皮膚の粘膜を正常に保ったりするビタミンB2、肌のハリを保つビタミンB6などのビタミンB群。怪我の止血などに使われるビタミンKなどを産生します。

・短鎖脂肪酸

天然のやせ薬ともいわれているのが短鎖脂肪酸です。肥満は脂肪細胞が内部に脂肪の粒を蓄えることで肥大化する事が原因で起こります。万が一の為に備えて脂肪を溜めるですが、制御が効かないと次々と脂肪を溜め込んでしまいます。この脂肪細胞の過剰な溜め込みにブレーキをかけてくれるのが短鎖脂肪酸です。さらに、体温の上昇や心拍数を増加させて体の代謝を高め、余分な栄養分を燃焼させて消費する働きをさせます。つまり、脂肪を消費させながら、蓄積を抑えるという一石二鳥の働きで肥満を防いでくれるのです。

・ホルモン

幸せホルモン セロトニン

ドーパミン

・エクオール

腸内フローラの状態はうんちで確認

腸内細菌や腸内フローラの状態は、大腸内視鏡検査で検査したり、遺伝子検査をしたりすることでしか確認できませんが、自分でおおよその確認をする方法としては「うんち」を観察することがあります。

腸内環境が悪化すると、便秘になったり、便が硬くてなかなか出てこなかったり、逆に下ってしまったり。うんちの色も黒くなったり、緑がかったり。臭いもきつくなるような状態になっていまいます。

逆に腸内環境が良い状態では、うんちが毎日するっと出て、バナナのような形で黄色っぽく、臭いもきつくない状態になります。

日々、定期的にチェックすることで、自分の腸内フローラの状態を確認して、良い状態を保つことで健康を管理しましょう。

腸内細菌は検査でも調べることができる

ここ数年のDNA解析技術の発達により、以前よりも手軽に腸内フローラの状態を検査できるようになりました。

検査キットを購入してうんちを郵送で送って検査してもらう方法と、腸内フローラ検査を行っている病院にて検査してもらう方法があります。

・検査キットで郵送検査を行う方法

Mykinso(マイキンソー)・・・

検査キット 販売価格 18,000円(税込19,440円)、検査結果の項目:9項目、検査結果までの期間:約6週間

ウンログ・・・

検査キット 販売価格 18,000円(税込19,440円)、検査結果の項目:9項目、検査結果までの期間:約1ヶ月

ビフィチェック・・・

検査キット 販売価格 18,000円(税込19,440円)、検査結果の項目:1項目、検査結果までの期間:約3週間

・病院で検査

腸内フローラ検査の料金は健康保険の適用外のため100%実費になります。 検査費用は各病院によって異なっていて、約3万円~8万円ほどと高めの料金です。

こんな症状に悩んでいませんか?

便秘

慢性的にお腹が張っていて便秘気味。
コロコロなうんちが週に何回かしか出ない。

便秘について詳しく調べる

風邪やインフルエンザ

年に何回も風邪にかかってしまう。
インフルエンザは注意しているけど不安。

免疫力を高めて負けない身体になる

アレルギー

食べ物などで皮膚がかゆくなる。
花粉症で鼻がムズムズ、目もかゆい。

かゆみやムズムズを抑える

肥満改善・ダイエット

お腹周りに余計な肉がついた気がする。
食事も注意しているけど痩せない。

身体の中からすっきり痩せる

ページの先頭へ