栄養機能食品と表示されて販売されている加工食品や野菜などを目にしたことはあるでしょうか。栄養機能食品は、特定の栄養成分を補給する場合に選ぶことができる食品のことであり、健康機能食品の一つです。

では、栄養機能食品とはどういった食品を指すのか、またそれぞれの栄養成分は具体的にどのような栄養機能があるのかをご紹介します。

栄養機能食品とは

栄養機能食品とは栄養成分(ビタミン・ミネラルなど)の補給のために利用される食品で、栄養成分の機能を表示するものをいいます。対象食品は、加工食品の他、生鮮食品も含まれます。また、特定保健食品のように製品ごとに国に許可申請を行う必要はありません。

現在、栄養成分の機能を表示できるものは、ビタミン13種類、ミネラル6種類、脂肪酸1種類となっています。一日あたりの摂取目安量に含まれる栄養成分量が、国が定めた上限値・下限値の範囲内にある必要があるほか、栄養機能成分の表示に加えて、栄養成分を摂取する上での注意事項も表示をするよう定められています。

【栄養機能が表示できる成分】

・ビタミン13種類

ナイアシン、パントテン酸、ビオチン、ビタミンA、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12、ビタミンC、ビタミンD、ビタミンE、ビタミンK、葉酸

・ミネラル6種類

亜鉛、銅、マグネシウム、カルシウム、鉄、カリウム

(※錠剤・カプセル剤などの形状の加工食品においては、カリウムは含みません。)

・脂肪酸1種類

n-3系脂肪酸

栄養機能食品の必須表示事項

栄養機能食品では、以下の内容をパッケージに表示する必要があります。

1.商品名

2.栄養機能食品である旨の表示、栄養機能食品における栄養成分の名称を続けて表示

3.栄養機能表示

4.原材料名

5.賞味期限

6.内容量

7.製造者

5.栄養成分表示(栄養機能表示する成分を含む)

6.一日あたりの摂取目安量

7.一日あたりの摂取目安量に含まれる当該栄養成分の量が栄養素等表示基準値に占める割合

8.摂取方法、摂取上の注意喚起表示

9.調理又は保存方法

10.バランスの取れた食生活の普及・啓発を図る文言「食生活は、主食、主菜、副菜を基本に食事のバランスを。」

11.トクホとは異なる商品であることを示す文言「本品は、特定保健用食品と異なり、消費者庁長官により個別審査を受けたものではありません。」

表示例

栄養機能表示の表示例を栄養成分ごとにまとめました。

栄養成分名

栄養機能表示

ナイアシン

ナイアシンは、皮膚や粘膜の健康維持を助ける栄養素です。

パントテン酸

パントテン酸は、皮膚や粘膜の健康維持を助ける栄養素です。

ビオチン

ビオチンは、皮膚や粘膜の健康維持を助ける栄養素です。

ビタミンA

ビタミンAは、皮膚や粘膜の健康維持を助ける栄養素です。

ビタミンAは、夜間の視力の維持を助ける栄養素です。

ビタミンB1

ビタミンB1は、炭水化物からのエネルギー産生と皮膚や粘膜の健康維持を助ける栄養素です。

ビタミンB2

ビタミンB2は、皮膚や粘膜の健康維持を助ける栄養素です。

ビタミンB6

ビタミンB6は、たんぱく質からのエネルギー産生と皮膚や粘膜の健康維持を助ける栄養素です。

ビタミンB12

ビタミンB12は、赤血球の形成を助ける栄養素です。

ビタミンC

ビタミンCは、皮膚や粘膜の健康維持を助けるとともに、抗酸化作用を持つ栄養素です。

ビタミンD

ビタミンDは、腸管でのカルシウムの吸収を促進し、骨の形成を助ける栄養素です。

ビタミンE

ビタミンEは、抗酸化作用により、体内の脂質を酸化から守り、細胞の健康維持を助ける栄養素です。

ビタミンK

ビタミンKは、正常な血液凝固能を維持する栄養素です。

葉酸

葉酸は、赤血球の形成を助ける栄養素です。

葉酸は、胎児の正常な発育に寄与する栄養素です。

亜鉛

亜鉛は、味覚を正常に保つのに必要な栄養素です。

亜鉛は、皮膚や粘膜の健康維持を助ける栄養素です。

亜鉛は、たんぱく質・核酸の代謝に関与して、健康の維持に役立つ栄養素です。

銅は、赤血球の形成を助ける栄養素です。

銅は、多くの体内酵素の正常な働きと骨の形成を助ける栄養素です。

マグネシウム

マグネシウムは、骨や歯の形成に必要な栄養素です。

マグネシウムは、多くの体内酵素の正常な働きとエネルギー産生を助けるとともに、血液循環を正常に保つのに必要な栄養素です。

カルシウム

カルシウムは、骨や歯の形成に必要な栄養素です。

鉄は、赤血球を作るのに必要な栄養素です。

カリウム

カリウムは、正常な血圧を保つのに必要な栄養素です。

n-3系脂肪酸

n-3系脂肪酸は、皮膚の健康維持を助ける栄養素です。

栄養機能食品 まとめ

栄養機能食品は、国の審査を受けた食品ではなく、特に届け出や許可も不必要なものになっています。特定の栄養成分が定められた基準値の間にあれば、表示ができる食品です。

ビタミンやミネラルのほとんどは、体内で合成することができないため、食品から摂取する必要があります。バランスの良い食事をとることが基本ですが、不足していると考えられる栄養成分に関しては、栄養機能食品を上手に利用して補うこともできます。

ただし、栄養機能食品は、定められた栄養成分量の一日の上限値・下限値の間に入っていることが必要であるように、多く摂取したからといって健康が増進するものではなく、栄養成分によっては多量の摂取によりマイナスの効果が出てくるものもあります。注意喚起表示をよく読み、正しく摂取することが大切です。

こんな症状に悩んでいませんか?

便秘

慢性的にお腹が張っていて便秘気味。
コロコロなうんちが週に何回かしか出ない。

便秘について詳しく調べる

風邪やインフルエンザ

年に何回も風邪にかかってしまう。
インフルエンザは注意しているけど不安。

免疫力を高めて負けない身体になる

アレルギー

食べ物などで皮膚がかゆくなる。
花粉症で鼻がムズムズ、目もかゆい。

かゆみやムズムズを抑える

肥満改善・ダイエット

お腹周りに余計な肉がついた気がする。
食事も注意しているけど痩せない。

身体の中からすっきり痩せる