機能性表示食品制度は、平成27年にスタートした新しい制度です。
機能性表示食品の制度がスタートしたことにより、消費者は、これまでの特定保健用食品と栄養機能食品に加え、わかりやすく機能性を表示した商品を選ぶことができるようになりました。

また、機能性表示食品の機能性や安全性については、詳細をウェブで確認することもでき、消費者が正しい情報を得る機会も増えました。

では、特定保健用食品、栄養機能食品と機能性表示食品の違いはどこにあるのでしょうか。機能性表示食品の特徴についてまとめました。

機能性表示食品とは

事業者の責任において、科学的根拠に基づいた機能性を表示した食品のことです。販売前に安全性及び機能性の根拠に関する情報などを消費者庁長官へ届け出ることが必要です。ただし、特定保健用食品とは異なり、消費者庁長官の個別の許可を受けたものではありません。

特定保健用食品との大きな違いは、機能性表示食品は「企業の責任」において安全性と機能性を評価し、表示を行う点にあります。特定保健用食品は、国が機能性と安全性について個別に審査を行い、許可を出した食品であるのに対し、機能性表示食品は、事前に消費者庁へ科学的根拠をもとに届け出を出すものの、国が審査を行ったものではありません。

特定保健用食品は、国に審査を申し出てから許可が下りるまでに時間がかかること、申請にあたっての提出資料が膨大な量となりコストがかかることが問題とされてきました。

また、栄養機能食品は、ビタミンやミネラルなどの不足を補うための食品で、国が定めた特定の栄養成分の上限・下限値の範囲に収まっていることを前提に栄養機能を表示できる食品です。しかし、栄養機能食品は栄養成分ごとの機能表示はあるものの、具体的にどのような人に向いているのか、どのような効果が期待できるのかがわかりにくいという声がありました。

そこで、新しく制定されたのが機能性表示食品となります。届け出られた安全性や機能性に関する情報は、消費者庁のウエブサイトで公開され、閲覧ができるようになっています。

機能性が表示できる食品

生鮮食品を含む、すべての食品が対象となりますが、疾病に罹患してない人(未成年、妊産婦、妊娠を計画している人、授乳中の人を除く)を対象にした食品になります。

また、アルコールを含む飲料、脂質・脂肪酸・コレステロール・糖類の過剰な摂取につながるものは機能性表示食品の対象とはなりません。したがって、これらに該当しない食品であれば、機能性を示す化学的根拠を消費者庁に申請をし、受理されれば機能性表示食品として販売することができます。

ノンアルコールビールでも、食事の脂肪や糖分の吸収を抑える働きがあるとして機能性を表示した商品もあります。また、生鮮食品でも、静岡の温州みかんのブランドである三ケ日みかんは、骨の健康に役立つ効果があるとして機能性表示が認められています。

容器包装に表示しなければいけない項目

機能性表示食品では、以下の内容をパッケージに表示する必要があります。国が審査をした特定保健用食品に比べ、注意喚起事項を多く記載するよう表示が義務付けられているのが特徴です。

1.機能性表示食品である旨の表記

2.商品名

3.届け出番号

4.科学的根拠を基にした機能性について、消費者庁へ届け出た内容

5.名称

6.原材料名

7.賞味期限

8.内容量

9.製造者

10.栄養表示成分:エネルギー〇〇kcal、タンパク質〇g、炭水化物〇g、脂質〇g、食塩相当量〇g、機能性関与成分〇g

11.一日あたりの摂取目安量に含まれる該当栄養成分の量が栄養素等表示基準値に占める割合(関与成分が栄養素等表示基準値の定められた成分である場合)

12.バランスの取れた食生活の普及・啓発を図る文言「食生活は、主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを」

13.一日あたりの摂取目安量

14.摂取方法

15.摂取上の注意事項

16.調理または保存の方法

17.製造者

18.トクホとは異なる商品であることを示す文言「本品は、特定保健用食品と異なり、消費者庁長官により個別審査を受けたものではありません。」

19.疾病の診断、治療、予防を目的としたものではないことを示す文言

20.疾病に羅漢している者、未成年者、妊産婦(妊娠を計画している者を含む)及び授乳婦に対して開発されたものではないことを示す文言

21.疾病に羅漢している者は医師、医薬品を服用している者は医師、薬剤師に相談した上で摂取すべきことを示す文言

22.体調に異変を感じた場合は、速やかに摂取を中止し、医師に相談する旨の文言

23.事業所の問い合わせ先住所・電話番号などの連絡先

機能性表示食品 まとめ

機能性表示食品は、栄養機能食品ではわかりにくかった具体的な機能性がパッケージに記載されるようになりました。そのため、消費者にとっては商品を選ぶ際に、その商品が自分に合う機能を持つものなのかどうか判断がしやすくなりました。また、事業者にとっては、特定保健用食品の申請のように審査が下りるまでの時間を待つことなく、機能性を持った食品をその機能性をアピールして、販売ができるようになりました。

結果として、消費者が自分の健康状態やライフスタイルに合わせて選べる健康機能食品の幅が増えることになりました。しかし、選択肢が増える一方で、やみくもに健康機能食品を摂ることが健康の増進につながるわけではありません。複数の商品を利用する場合でも、一日当たりの摂取量を確認し、それぞれの栄養成分について適切な量を摂取することが大切です。

こんな症状に悩んでいませんか?

便秘

慢性的にお腹が張っていて便秘気味。
コロコロなうんちが週に何回かしか出ない。

便秘について詳しく調べる

風邪やインフルエンザ

年に何回も風邪にかかってしまう。
インフルエンザは注意しているけど不安。

免疫力を高めて負けない身体になる

アレルギー

食べ物などで皮膚がかゆくなる。
花粉症で鼻がムズムズ、目もかゆい。

かゆみやムズムズを抑える

肥満改善・ダイエット

お腹周りに余計な肉がついた気がする。
食事も注意しているけど痩せない。

身体の中からすっきり痩せる