機能性食品 ビヒダスBB536

人間の腸内に多く存在するビフィズス菌。
それを生きたままサプリメントに配合したのが森永乳業の「ビヒダスBB536」です。ですがただのよくあるビフィズス菌を使用したサプリメントではありません。
ビフィズス菌には沢山の種類がありますが、40年以上にわたり研究を続ける森永乳業では、BB536株という菌を独自で発見し配合しました。
森永乳業のビヒダスはヨーグルトとしてもスーパーなどに主力商品で売られています。ヨーグルトに含まれるビヒダスBB536が気軽にサプリメントとして摂取できるとあって、ダイエット中の人にも人気を集めています。

ビヒダスBB536の特徴

森永乳業は牛乳や乳製品のパイオニアとも呼ばれる老舗のメーカーです。
ビフィズス菌の腸内への働きかけは昔から知られていましたが、ビフィズス菌を乳製品に応用したのは森永乳業がはじめてです。
その後も40年以上にわたり、乳製品が腸内環境に与える影響について研究を続けてきました。そんな中ビヒダスBB536の存在を見つけます。
そしてBB536の持つパワーを研究しデータ化することに成功したため、機能性表示食品として販売可能にしました。研究成果は腸内細菌学会などでも多数発信しています。また世界の国々でも利用され、成果が認められています。特にサプリメント大国でもあるアメリカFDAの安全審査制度において、認定を受けている商品です。
大手の乳製品メーカーだからこそ、着目点が他と違う所にあるのが特徴です。

ビフィズス菌BB536で悪玉菌を追い出す

沢山あるビフィズス菌の中の一種で、森永乳業が独自に発見した菌。ビフィズス菌BB536は主に健康な乳児が腸内に持っている乳酸菌のことで、他のビフィズス菌に比べて酸や熱に強く、生きたまま大腸に届くといった特徴があります。
森永乳業はビフィズス菌BB536を利用した人と、そうでない人の便質や便性について科学的に実証をしました。すると

・便中のビフィズス菌占有率が非摂取時は23.1%であったのに対し摂取時は34.4%に上がった
・排便回数への影響として非摂取時は8.4回だったのに対して摂取時は9.6回に増えた(2週間あたりの排便回数)
・便中の腐敗産物であるアンモニア量は非摂取時には38.1だったのに対し摂取時は24.5に下がった(便1gあたりのアンモニア量)

結果は便中にビフィズス菌の数が増え、排便回数の平均値が上がりました。また便の臭いについても摂取前に比べて有意に減少しました。
ビフィズス菌がもたらす腸内環境を良好にする働きがあることを実験によって実証しています。

またビフィズス菌BB536の持つ効果は、

・殺菌効果
・腸管上皮保護作用
・整腸作用
・肉食による腸管の劣化を防ぐ
・大腸がんのリスクとなるフラジリス菌の除菌作用

など沢山あります。
ビフィズス菌BB536は乳酸以外にも酢酸を生成し、悪玉菌の増殖を抑える働きに長けています。酢酸はお酢として私たちは摂取できますが胃や小腸で吸収されて、大腸まで届きません。ですからビフィズス菌を摂取することが、腸内環境を整えるには非常に大切なことです。
他にも腸管を保護する役割があるので、O-157の感染を防ぎ、大腸がんの原因になるフラジリス菌の除菌など様々な効果をもたらしてくれます。
フラジリス菌を持つ人に8週間ビヒダスヨーグルトを摂取してもらったところ、菌の保有数が3分の1まで減少しました。ただし摂取をやめると菌はまた元に戻りました。毎日の摂取がいかに大切かというデータも結果から分かります。
また食事内容を肉、卵に限定し5日間過ごした人にビヒダスヨーグルトを摂取してもらうと、便中のビフィズス菌数が保たれ悪玉菌の一種である、ビロフィラ菌の増加が抑えられたデータがあります。

機能性表示食品とは?

●機能性表示食品
ビヒダスBB536のパッケージには「腸内環境を良好にし、腸の調子を整える」との文言があります。文言はビヒダスBB536が機能性表示食品として販売しているので、機能をパッケージに表示することができます。
機能性表示食品とは、商品の持つ機能についてメーカーが科学的根拠を元に実証し、成分が体に与える効果をパッケージに記載しても良い商品の事です。
国の審査はありませんので、メーカー自身が届け出を行わなければなりません。国の審査があれば特定保健用食品いわゆるトクホになります。ですが科学的根拠を元に実証をしているのはどちらも変わりはありません。
機能性表示食品は、消費者庁にきちんと届け出がなされた商品であり、実証データに基づいて効果を商品に記載しているので非常に安心感や信頼感があります。
効果についてもパッケージに書かれていることで消費者が明確に理解することができ、実感力にもつながります。また大手の乳製品を扱うメーカーの実証データですから、より信頼性が高い商品と言えます。
私たちはサプリメントや健康食品を選ぶ際に、機能についてどれだけの効果があるのか詳しく書かれている方を選びたいのは当然の思いです。
機能性表示食品は選択肢が増える中で、消費者が正しい情報を得てから購入することができるように行っているものです。
ビヒダスBB536は消費者が機能を見て、納得して購入できる商品です。

ビヒダスBB536のおすすめポイント

ポイント1

ビフィズス菌の数が多く2カプセルに150億個ものビフィズス菌BB536が含まれています。
乳酸菌は種類も重要ですが、数も非常に大切です。乳酸菌は体内で良い働きをもたらしますが、長くても1週間程度で体外に排出されてしまい、定着することができません。
ですから一度に多くの量を摂取できるサプリメントの方が効果的と言えます。
ヨーグルトで摂取しようと思えば中々難しい場合でも、サプリメントなら手軽です。

ポイント2

ビフィズス菌の中でも生きて腸に届きやすいBB536株を使用し、生きたまま届ける技術を開発したところです。
ビフィズス菌BB536は元々腸に届きやすい乳酸菌ですが、さらにパワーアップさせるためにカプセルにこだわりがあります。
独自のカプセル技術によって、より一層しっかり守られた状態で腸に届ける製法を見つけました。腸内に届いてからカプセルが溶けて働きます。
胃の中を想定した実験でも実証されている技術です。

ポイント3

飲みやすさにこだわった部分です。
ビヒダスBB536は1日に2カプセルが目安ですが、実験や研究を重ねて飲みやすい小型化に成功。
ヨーグルトはカロリーが高いから、とダイエット中の人には敬遠されやすいのでサプリメントを選ぶ人もいます。
そういった人に小型カプセルで飲みやすくしているので、若い人からお年寄りまで利用しやすい特徴があります。

お試しや割引

まずは試してみたいという人向けに7日間お試しセットがあります。価格は500円で送料は無料です。
通常価格は3670円に500円の送料がかかります。
定期コースであれば初回価格が1835円で送料は無料になります。2回目以降は3305円でずっと送料はかかりません。
年間で10380円お得になる計算で、いつでも変更や休止ができる便利なコースです。

会社の紹介

ビヒダスBB536を製造、販売しているのは「森永乳業株式会社」です。
1917年に乳製品の製造を重たる事業目的として創業し、今年で100年を迎えます。
事業内容は牛乳や乳製品、アイスクリームやお菓子などの製造販売をしている会社です。
様々な賞を受賞し、全国に営業所を持つ大手のメーカーです。
ビヒダスBB536は森永乳業が運営する公式サイト「健康食品通販サイト」にて購入することができます。

こんな症状に悩んでいませんか?

便秘

慢性的にお腹が張っていて便秘気味。
コロコロなうんちが週に何回かしか出ない。

便秘について詳しく調べる

風邪やインフルエンザ

年に何回も風邪にかかってしまう。
インフルエンザは注意しているけど不安。

免疫力を高めて負けない身体になる

アレルギー

食べ物などで皮膚がかゆくなる。
花粉症で鼻がムズムズ、目もかゆい。

かゆみやムズムズを抑える

肥満改善・ダイエット

お腹周りに余計な肉がついた気がする。
食事も注意しているけど痩せない。

身体の中からすっきり痩せる