茶麹(ちゃこうじ)について

麹とお茶を組み合わせることでそれぞれの持つ力を引き出すことができる、全く新しいサプリメントが「茶麹」です。

麹屋として120年の歴史があるからこそ、お茶と麹の関係を導き出せたサプリメントです。公式サイトでは、

・お腹の悩みをいつも抱えている

・毎朝すっきりしない

・中性脂肪が気になる

といった人におすすめしています。

酵素は人間の体内にありますが、人間が生きていくうえでどんどん酸化が進み老化現象が起き始めます。色々な不快な症状が起きたり、がんなどの病気リスクを上げたりします。麹には還元力があるためいつまでも若々しい健康をサポートしてくれます。お茶と組み合わせることで、より効果的に摂取できます。

茶麹(ちゃこうじ)の特徴

茶麹は鹿児島空港からほど近い、創業120年の歴史を持つ老舗麹蔵「河内菌本舗」が販売しているサプリメントです。麹屋にはレストランや麹を使用した商品も販売されており、何と年間20万人もの人が訪れる観光名所でもあります。

河内菌本舗で作られているサプリメント、茶麹は人気NO.1の商品で、97.3%が満足、82.8%がリピートする人気のあるサプリメント。

麹にはたくさんの酵素が含まれており、酵素が体の酸化をくいとめてアンチエイジング効果が期待できます。使用しているのは本格焼酎に使われている麹です。お茶との運命的な出会いによって、より良い成分を生み出すことに成功し、人気に火が付いた商品です。

茶麹(ちゃこうじ)に配合されている主な成分

茶麹で使用されているのは米麹とお茶です。

河内菌と呼ばれる麹菌を使用しています。麹は日本独特の発酵技術で生み出された、いわば微生物の王様です。米や米ぬか、麦や大豆などに生やして培養したものを麹と呼んでいます。河内菌は本格焼酎に使われる麹で、お店に並ぶ焼酎の約8割は河内菌なのです。

麹には酵素がたくさん含まれており、体内の栄養素を分解したり運搬したり、合成・排出を担う生きるうえでなくてはならないものです。インスタント食品ばかりを食べる、加齢などで酵素はどんどん減少します。

減少するとエネルギーに変えられないため、代謝機能が悪くなり高血圧や高脂肪など生活習慣病を引き起こします。

河内菌の持つ自然のスーパーオキシド(SOD酵素)が、酸化で老化した体内にアンチエイジング効果をもたらします。

お茶

鹿児島県霧島地方のお茶を使用しています。お茶は体に良いことが知られています。有名な成分はカテキンで、カテキンは抗菌作用があります。タンニンと呼ばれるポリフェノールは、抗酸化力のある成分です。ビタミンCやビタミンEも含まれており、美肌や疲労回復、細胞の強化などの働きがあります。

河内菌本舗ではお茶×麹の力でよりパワーアップしたサプリメントに仕上がっています。

その他の配合成分

茶麹はお茶と麹以外に以下の成分が含まれています。

粉末乳酸菌

粉末の乳酸菌が配合されています。麹は腸内の乳酸菌の働きをサポートしてくれる作用があります。一緒に摂ることで麹の持つ酵素力が上がるため、より腸内環境を良くしてくれます。

ヒドロキシプロピルメチルセルロース

サプリメントなど錠剤や顆粒剤を製造段階で結合したりコーティングしたりするため使われています。体には無害であることが科学的に認められているので、安心して使用できる成分です。幅広い医薬品としても世界でも使用されている成分です。

カラメル色素

カラメル色素は食品の中で最もよく使われている、茶色い色素を出すための成分です。

茶麹の働き

お茶と麹の力で短鎖脂肪酸を生み出す

お茶には繊維質がありますが、繊維質に乳酸菌と麹が触れ合うことによって「短鎖脂肪酸」を有意に生み出すことができます。

短鎖脂肪酸とは腸内細菌によって作られる有機酸の一種。短鎖脂肪酸を取り入れ腸内で悪玉菌を抑える働きをしたり、ウイルスや病原菌から体を守ってくれます。

効果については、

・整腸作用

・腸なき環境を整える

・大腸がんリスクの予防

・脂肪燃焼効果

などがあります。短鎖脂肪酸を作り出すには水溶性食物繊維を摂取する必要があり、果物やお酢食品、納豆などがありますが毎日大量に摂取できないので、食品から摂るのは簡単ではありません。お茶と麹を組み合わせることで有意に作り出してもらえるのです。

お茶自体は健康に良いものですが、直接食べると胃に刺激性があります。豚に直接食べさせると胃潰瘍になり死亡した例もあるほどです。

麹菌はお茶の持つ過剰な作用を軽減してくれるので、安心して摂取できます。

お茶と麹を掛け合わせることで、米麹よりも酵素力が3倍もアップしました。たんぱく質の吸収力を高める酸性プロテアーゼが強くなることが分かっています。

乳酸菌とも相性が良く、麴が乳酸菌の成長を大幅に促進してくれます。

茶麹(ちゃこうじ)のおすすめポイント

ポイント1

酵素の力を最大限に活かすお茶と乳酸菌が配合されている、茶麹である点です。

麹には酵素が含まれており、酵素は人間が生きていくうえでなくてはならないものです。特に食べたものを消化して体外に排出する力が滞ると腸内環境が悪化して、免疫低下や生活習慣病、アレルギーなど様々な不調を引き起こします。

茶麹で酵素をしっかりと補えるのがポイントです。酵素を補うのは新鮮な発酵食品など限られた食品ですから、サプリメントで気軽に補えるのは嬉しいポイントです。

ポイント2

河内菌は焼酎用麹菌の正式学名であり、河内菌を発見したのが先代の河内源一郎で近代焼酎の父と呼ばれています。今でもほとんどの焼酎は河内菌で作られています。

河内菌は世界でも研究が進められており、関連論文は40以上もあり特許成分です。

実は韓国のお酒マッコリに使用されているのは日本の河内菌なのです。茶麹は河内菌を生んだ河内菌本舗で作られたサプリメントであることが大きなポイントです。

ポイント3

河内菌本舗の茶麹は6つのこだわりを持って製造されている点です。

・自社の研究室(農学博士2名)と各地大学(東北・東海・鹿児島の3大学)との共同開発品であること

・日本唯一、麹菌の培養から自社製造

・自社製造管理を一貫して行う

・茶葉は鹿児島県霧島産にこだわっている

・100年の研究から生まれた麹菌を使用して茶麹を作っている

・国内原料・国内生産を徹底

など産地だけでなく、自社製造による原料を使用、国内製造にもこだわりがあります。毎日飲むものだから安心・安全にこだわって作られているのが分かります。

茶麹(ちゃこうじ)のお試しや割引

1日に2粒で1か月分62粒入りです。

通常価格5184円に送料100円がかかる茶麹ですが、定期購入ならお得に買えます。

初回は2480円で購入でき、2回目以降も10%オフの4600円で購入可能。送料は無料で配達してもらえます。

3回目はゴールド会員になり、さらに3%オフで購入でき、いつでも休止、再開が可能です。

茶麹(ちゃこうじ)の会社の紹介

茶麹を販売するのは有限会社河内菌本舗で、河内菌本舗の公式サイトにて販売されています。

麹の製造は株式会社河内源一郎商店で種麹製造販売業、麹加工食品の製造販売を行っています。昭和6年に河内源一郎によって自ら分離、発見した麹菌の販売を主な目的として設立されました。

今でも河内菌白麹は全国の本格焼酎用麹菌として80%以上のシェアを誇っています。使用する種麹は昔ながらの木製麹蓋にこだわり、手作りで培養を続けています。

熟練した20年以上の達人が作っています。

茶麹(ちゃこうじ) 公式サイトへ

こんな症状に悩んでいませんか?

便秘

慢性的にお腹が張っていて便秘気味。
コロコロなうんちが週に何回かしか出ない。

便秘について詳しく調べる

風邪やインフルエンザ

年に何回も風邪にかかってしまう。
インフルエンザは注意しているけど不安。

免疫力を高めて負けない身体になる

アレルギー

食べ物などで皮膚がかゆくなる。
花粉症で鼻がムズムズ、目もかゆい。

かゆみやムズムズを抑える

肥満改善・ダイエット

お腹周りに余計な肉がついた気がする。
食事も注意しているけど痩せない。

身体の中からすっきり痩せる