身体の気になる症状を改善する腸内環境ケア商品の選び方

腸内環境を改善することで身体の症状が良い方向へ変わることは、さまざまな実験や研究によって科学的な根拠が実証されています。

乳酸菌の種類によって腸や身体への効果に違いがあるように、あなたが悩んでいる身体の症状によって、効果が期待できる腸ケア商品が違います。悩んでいる症状は、どの様な事が原因で発症しているのか。根本的な原因を改善するために、どのような改善方法や商品が適切なのか。

腸内環境をよくして、症状の改善や予防に効果が期待できる腸ケア商品の選び方を紹介します。

胃腸から起こる症状

なかなか便が出ない、慢性的に便秘の方

お通じが週に数回しかないなど、女性を悩ませる便秘。近年では、子供や高齢者でも便秘の方が多くなっています。

便秘が続くと、お腹の張り、下腹の膨満感、腹痛の症状が出ます。他にも食欲不振、めまい、頭痛、不眠、肌あれなどの原因になってしまうこともあります。

1日1回の排便があるのが健康な身体の調子です。便秘になって大腸に便が長い間溜まっているのは、生ゴミを溜めてしまっているのと同じようなもの。残留物の腐敗が進み臭いガスが発生し、腸内環境はどんどん悪循環して腸にダメージを与える事になってしまいます。さらに、腐敗した物質は腸壁から体内に吸収されてしまい、全身にも悪い影響が広がってしまいます。

それぞれの便秘の症状や便秘改善が期待できるサプリの選び方を紹介します。

便秘に役立つ乳酸菌の選び方

肌にデキモノができやすい、肌がカサカサ

便秘と肌あれはあまり関係がないと思われますが、便秘が原因で肌あれが起こっているケースもあります。便が長い間腸の中に溜まっていると、腸の中では悪玉菌が優勢になってしまい、腸内環境が悪化します。すると腸の中で残留物が腐敗して、有害物質などが腸管から身体の中に吸収されてしまうのです。吸収された有害物質は血管から全身へまわります。そして、皮膚に常在している細菌を活性化させてしまい、肌あれや吹き出物の原因となってしまうのです。

肌あれの改善には腸内環境を良くすることや、肌の保湿状況を良くすることが大切です。そんな研究結果のある乳酸菌を紹介します。

肌あれに役立つ乳酸菌の選び方

胃がズキズキと痛くて調子が悪い、違和感がある

慢性的な胃の痛みに悩んでいる方は、ピロリ菌が原因の一つかも知れません。2016年の調査ではピロリ菌の感染者は日本の人口の約35%という調査があり、依然として多くの人が感染しています。ピロリ菌感染での疾患は全員が発症する訳ではありませんが、十二指腸潰瘍や胃がんなどの原因になっているケースも多くあります。胃のキリキリするような痛みに悩んでいる方は、一度検査を受けてみることをおすすめします。

ピロリ菌の抑制や胃がんの予防に効果が期待できる乳酸菌を日常的に摂ることで、リスクを減らすことも大切です。

ピロリ菌の除菌に役立つ乳酸菌の選び方

胃がんに役立つ乳酸菌の選び方

お腹を下しやすい、弱いと感じる方

急な下痢や慢性的な下痢に悩まれている方も多いでしょう。腹痛をともなう下痢などは自分で止められるものではなく、便失禁を経験したという方の調査報告もあります。下痢にもさまざまなパターンがありますが、その多くが大腸のバランスが崩れることで下痢になるケースが多くみられます。急な下痢に備えて薬を用意している方もいると思いますが、日常的なケアで下痢を改善できる可能性もあります。

下痢に対して有効という研究がある乳酸菌を紹介しますので参考にされてください。

下痢に役立つ乳酸菌の選び方

ストレスや緊張に弱く、すぐ胃や腸が反応してしまう方

IBSは検査では腸に炎症や潰瘍などの異常が見当たらないのに、急に下痢や腹痛、お腹の張り、便秘などに悩まされる症状です。特に急にお腹が痛くなってトイレに行きたくなるなどのトラブルは悩みのタネという方も多いと思われます。電車や車での移動中、旅行中や仕事の会議などでトイレ行けない場合には本当に大変です。
IBSの主な原因はストレスによる大腸の機能不全です。腸内環境を良くすることはもちろん、ストレスを軽減させる効果が期待できる乳酸菌を選ぶことがポイントになります。

過敏性腸症候群に役立つ乳酸菌の選び方

肉食中心で食生活が偏っている。家族に大腸がんにかかった人がいる方

国立がん研究センターによると、2015年の死亡数が多いガンの部位で、大腸がんは男性3位、女性1位というデータになりました。大腸がんが増えている理由の一つには食生活の変化が考えられ、野菜や魚介類中心の食生活から肉類が多くなる事よって、腸内環境が悪くなっている可能性が指摘されています。他にも運動不足の筋力低下なども大腸がんのリスクを上げる要素です。また、大腸がんには遺伝で発症する種類も存在しています。

大腸がんの予防には、腸内環境を正常な状態に戻して維持することが大切です。

大腸がんに役立つ乳酸菌の選び方

身体の脂肪・生活習慣病状

あまり食べていないのに痩せない。もっと効率的にダイエットしたい方

日本ではBMIが25以上の場合に肥満と判定胃されます。しかし、BMIだけでは筋肉質なのか脂肪が多いのかの区別がつきません。特に女性の場合、BMIが標準でも筋肉や骨と比べて脂肪が多い状態、つまり体脂肪が高い隠れ肥満も多くみられます。体脂肪率は、女性では標準が20~25%で、30%以上で肥満とされます。男性では標準が15~20%、25%以上となっています。女性の場合には、数値的なデータよりも、自分の体型や見た目を重視されている方が多いのではないでしょうか。

肥満は摂取したエネルギーが消費されるエネルギーよりも多い状態が続くときにおこります。摂取したエネルギーで余った分が中性脂肪に変えられて身体に溜め込まれる為に太るのです。

しかし、同じような生活スタイルで、同じような物を食べても太らない人と太る人がいるのは体感されている人もいると思います。その違いは食べ物の栄養の吸収率の違いにあることが最近の研究で分かってきました。「やせ菌」や「でぶ菌」をいう言葉を聞いたことがある方もいらっしゃるでしょう。最近はTVや雑誌などのメディアでも多く取り上げられています。腸内にいる、やせ菌・でぶ菌の働きによって、痩せやすい身体と太りやすい身体の違いがあるのです。

やせ体質の身体を作る乳酸菌を定期的に撮ることで、腸の中からキレイになることが期待できます。

肥満・ダイエットに役立つ乳酸菌の選び方

お腹がぽっこりしてきた。健康診断でメタボと診断された方

メタボリックシンドロームは、内臓脂肪型肥満をベースとして、高血圧、高血糖、脂質代謝異常のうち2つが重なった状態をいいます。2007年の国民健康・栄養調査によると、メタボリックシンドロームの該当者は約1,070万人、予備群をあせると約2,010万人にものぼるというデータが発表されています。40~74歳の男性の2人に1人、女性の5人に1人がメタボリックシンドローム、またはその予備群ということになります。

メタボリックシンドロームになると、糖尿病や脂質異常、脳梗塞などさまざまな疾病のリスクが高くなります。危険因子の全てを持っていた場合、心筋梗塞など虚血性心疾患のリスクが、危険因子ゼロの人と比べても約30倍にもなるという調査報告もあります。

メタボリックシンドロームは、ぽっこりしたお腹のイメージの悪さよりも、さまざまな病気に対するリスクが高まってしまう怖さのある症状です。肥満の原因である食べ過ぎや運動不足といった生活習慣を改善するのが大切ですが、乳酸菌の中には肥満やメタボを改善するという調査結果がある種類もあります。

メタボリックシンドロームに役立つ乳酸菌の選び方

免疫に関するもの

風邪を引きやすい、疲れやすいと感じる方

大切な試験や受験、旅行や出張などのイベントごとには体調を万全にして望みたいものです。しかし、風邪やインフルエンザにかかると、喉の痛みや鼻水、高熱が出てしまって何日も寝込んでしまう事にもなりかねません。

風邪やインフルエンザを予防するには、手洗いやうがいが基本ですが、身体の免疫力を高めておくことも大切です。免疫細胞の働きは加齢によって低下してしまいますが、若い人でも生活習慣の乱れや偏った栄養バランス、疲労やストレス等によって免疫力が落ちてしまうこともあります。

身体の免疫システムは乳酸菌の力で高められること、は世界各国のさまざまな研究によって証明されています。

特に免疫に関連する乳酸菌を紹介していますので、日常的なケアの参考にして下さい。

風邪に役立つ乳酸菌の選び方

インフルエンザに役立つ乳酸菌の選び方

目や肌のかゆみ、鼻づまり、喉のいがいがが気になる方

2005年のリウマチ・アレルギー対策委員会報告書によると、日本の人口の約3人に1人が何らかのアレルギー疾患にかかっている調査報告があります。春など花粉の季節になると、目がかゆくなって鼻がムズムズして鼻水が止まらない花粉症。日常生活も不自由になってしまう、アトピー性皮膚炎や喘息など。アレルギー関連の症状は年々増えているようです。

身体には、体内に侵入してきたウィルスや病原菌などの異物を攻撃して退治して身体を守るための働きがあり、これを免疫反応といいます。この免疫反応が特定の物質に対して過剰に反応してしまうのがアレルギー反応です。

アレルギーや自己免疫疾患の予防や治療に、腸内環境が大きく関わっているということが、多くの研究で明らかになってきました。

アレルギーに役立つ乳酸菌の選び方

アトピーに役立つ乳酸菌の選び方

花粉症に役立つ乳酸菌の選び方

こんな症状に悩んでいませんか?

便秘

慢性的にお腹が張っていて便秘気味。
コロコロなうんちが週に何回かしか出ない。

便秘について詳しく調べる

風邪やインフルエンザ

年に何回も風邪にかかってしまう。
インフルエンザは注意しているけど不安。

免疫力を高めて負けない身体になる

アレルギー

食べ物などで皮膚がかゆくなる。
花粉症で鼻がムズムズ、目もかゆい。

かゆみやムズムズを抑える

肥満改善・ダイエット

お腹周りに余計な肉がついた気がする。
食事も注意しているけど痩せない。

身体の中からすっきり痩せる

ページの先頭へ